わるくない生活
2014-08-02 Sat 16:10
わるくない生活だ。

近所に行きつけの飲み屋が数軒あって、飲み友達がいる。

これだけで夜のたいくつはほぐれる。

以前は骨董市を歩きまわったが、年下の友人からネットオークションを教わった。
コレクターになる財力はないが、暇はある。
郵送システムが充実しているから、日本中のお仲間から玄関先へ物が届く。

自転車も車も乗らなくなった。
もっぱら電車をつかう。
箱根へ都心へ、小一時間で遊び場へ行くのに困らない。

書斎に引きこもれば、日がな読書する。
読みさしの本が増えても気にしない。
Amazonで旧本にも不自由しない。

動物はかわない、迷惑するだろうから。
菜園もしない。
もっぱら不健康に読書する。

不眠は苦になるが、薬を飲む。

書きたくなったらブログにする。
米のような結晶になるまで、脱穀する。
本筋だけ書く。

夏は好きだ。
汗の出る季節が合っている。
散歩ができないのが唯一イヤなところだ。

単独者となって歩きたい。

ひたすら一人の時間にひたる。

億の借金で七転八倒していた頃は、散歩が救いだった。
今でもそうだ。
借金から解放されたが、変わらず散歩が一番だと思っている。

No so bad.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<司馬江漢「七里ヶ浜図」とビートルズ | 三保小次郎日誌 | 名もなき雑草の花>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |