何度だってTSUNAMIはおそってくる
2014-07-10 Thu 15:36
劇場公開時には観る事ができなかった『インポッシブル』(Lo Imposible)をみた。



この国はTSUNAMIに対し、「粘り強い防波堤・防潮堤の導入」をきめている。

In Memory Of the Boxing Day Tsunami Indonesia


物理的に自然と対抗する。
科学技術は自然を克服できる。
倒錯した思想。

自然の一部でしかない人間。
戦後高度成長期にはびこった科学主義は日本人の考え方と相反する。
自然を押さえこむ、コントロールする、そうした科学技術の全能感とは相容れない。

海沿いの町を町を旅してみれば分かる。
みんなおびえている。
TSUNAMIの記憶は鮮烈で消えやしない。

できれば高台に居をかまえたいと思っている。
旅人には本音を言う。
ただ近隣にはけっして本音を言わないだけだ。

何度だってTSUNAMIはおそってくる。

「津波の土地を捨て高地をめざせ」ー大津波の言い伝えー

効率的な津波対策として「鉄筋・中層建築 点在させよ」

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あるマンションのこと | 三保小次郎日誌 | 革命の後>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |