ヤクザの出入りと集団的自衛権
2014-07-02 Wed 16:57
『仁義なき戦い』シリーズは深作欣二監督作品八作すべてをみている。
集団的自衛権(right of collective self-defense)による武力行使の法的概念は何度おさらいしても頭に入ってこない。
なのに、映画に描かれたヤクザの抗争(出入り、一家をあげての喧嘩)をみていると、不思議と集団的自衛権が実態、実感をもって迫ってくるからおもろい。



[深作欣二監督作品]
仁義なき戦い(1973年)
仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年)
仁義なき戦い 代理戦争(1973年)
仁義なき戦い 頂上作戦(1974年)
仁義なき戦い 完結篇(1974年)
新仁義なき戦い(1974年)
新仁義なき戦い 組長の首(1975年)
新仁義なき戦い 組長最後の日(1976年)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<革命の後 | 三保小次郎日誌 | 老人の妄想1から3>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |