スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
実感とかけ離れ日経平均は15,000円越え
2014-06-04 Wed 11:28
昨日からの右膝痛みが悪化した。
全身状態も良くない。
風邪をひいた時のようにだるい。

風呂に入り温湿布するが、今日から急きょ温泉療養することにした。
ムリしたツケがまわってきたのだろうか。
バーベルのたたり。

動くのがおっくうでパソコンの前で退屈をまぎらわした、ヤフオクを見て回ったり、チャートを眺めたり。

14,000円割れは寸前だと思ったのは先々週の金曜のことだ。
思惑は大きくはずれた。
日経平均は息つく間もなく15,000円越えにはね上がった。

大本営発表はにぎにぎしい。
詳細にチェックすると危ういのだが、見出しを飛ばして深くは見ない。
有効求人倍率(季節調整値)1.08倍は、正社員有効求人倍率の0.61倍を覆い隠すし、その他諸々。

そうした感じ、実感との乖離は気持ちの悪いものだ。
それ以上に外した気分は最悪だ。
負け惜しみしか出てこない。

相場はいつも逆を行く。
いずれ実態(実感)に回帰するのだが、玄人(ベッジハンド、外国人投資家etc.)は短期なら相場をつくる。
これに勝つには長期の構えしかないだろう。

「買う権利」に資金流入 海外勢、株価上昇の弾みに

国の慢性疲労は抜き難いものがあるが、まずは自身の疲労をとろう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『希望の国』の届かぬメタファー | 三保小次郎日誌 | いつだって禁煙できる>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。