FC2ブログ
 
異論のない不気味な国の自民党
2019-12-03 Tue 05:08
 気持ち悪かった。
 中国全国人民代表大会の映像を見たときだ。
 北朝鮮最高人民大会の光景だ。
 
 何がって? 

 たぶん全会一致が気持ち悪いのである。

 異論がない???

 整然と「党員票」?をあげる。
 たぶん賛成の表明なんだろう。
 反対の意思表示はどうするか、挙手では目立たないし、どうしたものだろうか。

 たぶん叫ぶしかない・・・・などと思ってしまう。

 全く同じ不気味さを日本の国会に感じる。
 自民党議員席である。
 公明党議員席である。

 野党席の熱は伝わってくる。
 それに反比例するように、冷たく凍りついた席だ。
 沈黙席だ。

 国会では意見表明する機会がないのだろう。

 ならどこでもいいから発言を聞きたいと思う。
 
 ツイッターもある、フェイスブックもある、インスタグラムがある、ブログがある、テレビがある、ラジオがある、自前の後援会がある・・・。

 しかし発言はどこにもない。

 誰一人として「桜を見る会」に意見を述べない。
「悪い」とも言わない。
「いい」とも言わない。

 機会は与えられている。
 自由、民主の社会だ。
 自由民主党が政権を担う国だ。

 あ、あ、あー~ー気持ちが悪くなってきた。

 怖くなってきた。
 沈黙する国民は、黙って安倍支持のアンサーだ。
 おれのように自分の意見を意思を持って表明する国民を、得意の無視で黙殺するのだろうか。

 不気味な国になってきた。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |