FC2ブログ
 
桜の下にたかる人たち
2019-11-21 Thu 08:44
 安倍政権に関わる全ての不祥事は一元的に管理され、全ての指令が一箇所から出されています。
 内閣官房です。
 内閣官房長官 菅 義偉(すが よしひで)が安倍内閣官房の中枢で、指揮をとっています。

 安倍政権の犯した「機密」事項、全ての危機管理を担います。

 なぜって、内閣官房は内閣法に基づき、内閣の補助機関であるとともに、内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援する機関だからです。

 後始末屋です。

 で、政権に関わる不祥事、不始末が発生すると、内閣官房はフル回転です。
 しかも、対処法にみられるパターンは一緒です。
 呆れるほどワンパターンです。

 野党の要求当日、即刻「桜を見る会」公文書はシュレッダー廃棄です。
 まずは公文書がこの世から消えて無くなる。
 今回は森友のような改ざんと違い、後腐れがありません。

 役人が勝手にやったか。
 指示する権限と組織を握った者が指揮しているだけのことです。

 次のマスメディア対策もパターン化されています。
 著名芸能人の薬物疑惑による逮捕状の執行です。
 ワイドショーは一斉にそちらに流れます。

 ただし今回はよほど逮捕を焦ったのか、沢尻エリカ容疑者(33)に対する尿の本鑑定は陰性という失態を演じています。
 
 そして国会封殺です。
 多勢に無勢、委員会を徹底して開かない、開かせない。
 そうしておいて、野党を封じ込め、マスメディア鎮静化の時間稼ぎをする。

 追求が不十分である責任は与党、安倍を追い詰めることができない野党にあるというシナリオ、論理に持ち込みます。

 桜の下にたかる民がいます。
 この人たちが安倍政権を支えています。
 国に対する功労・功績がないことを知りながら、嬉々として芸能人コーナーに群がり、内閣総理大臣が主催する遊園会気分をかすめ取ろうとする輩です。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |