FC2ブログ
 
建替えできたマンションは0.23%、不都合な真実その一
2019-11-19 Tue 10:49
 不都合な真実がある。

 国土交通省によると、
 1.現在のマンションストック総数は約654.7万戸(平成30年末時点)。
 2.これに平成27年国勢調査による1世帯当たり平均人員2.33をかけると、約1,525万人が居住している推計となる。

 一般社団法人 マンション管理業協会によると、
 3.単棟あたりの平均戸数は50戸前後である。

 1を3で割ってみよう。
 6,547,000÷50で
 130,940棟である

 ところで、日本国にマンションが建てられて以来、建替えが実現した棟数は300棟に満たない(平成 31 年4月1日現在)。
 
 つまり0.23%、1000棟に2棟にすぎない。

 ほぼマンションという建築形態は建て替えが不可能である。

 不都合な真実とは、事実を正面から見ない我々の弱点のことである。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |