FC2ブログ
 
データ管理手帳は縮尺50%の図表スクラップ帳
2019-11-30 Sat 08:52
 スクラップをしなくなったのは、1,999年だったと明確に記憶している。
 記憶の根拠は、この年からGoogleを使うようになったからだ。
 世界中から情報検索できるのだから、スクラップを無駄と感じ、止めた。

 スクラップを知らない世代には、地道でアナログな作業を過去の遺物だと思うだろう。

 そもそも新聞や雑誌を切り抜き、スクラップ帳に貼り付けることを思い付き、想像することはあるまい。

 そのスクラップを昨年から再開した。
 書庫をたちまちのうちに占拠してしまうスクラップの容積を思い出すだけでうんざりする。
 なのに復活させた。
 
 現在のスクラップ帖は小型手帳だ。
 本体サイズは156×91mm。
 データ管理手帳と位置付けている。

 人生管理手帳と対で使っている。

 newsはnewだから、ニューズになる。
 それを蒐集した昆虫のように、貼り付けて何をしようと言うのか?

 枢要と感じた図表を50%縮尺して貼り付けている。
 それは後々一目で入ってくる。
 一瞬にデータの要約が目に飛び込んでくる。

 自分が関心を持った情報だからだ。

 手帳の全ページに目を通しても数分とかからない。

 目の前をただただ通過していく情報群。
 それは瞬時に消えていく。
 現代人は、もはや管理しようのない情報の奔流に流されるだけになっている。

 自分が興味をもった図表から正確な事実を受け止めることができる。

 誰の情報でもない。
 情報の奔流から自分の感性でつかみ出した記憶[図表]をスクラップするのだ。
 自分が何に惹かれ、関心を持っているか。

 三年目になった。
 データの方から自分の関心事が解明されていくのは不思議な感覚である。

データ管理手帳クラップ
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT