FC2ブログ
 
森友事件佐川ら不起訴は特捜検察の死亡届
2019-08-10 Sat 14:34
 起訴の権限は検察官が独占している。
 彼、が決めるのである。
 
 彼とは誰か。
 彼とは、一検察官Hのことだ。
 
 佐川宣寿元国税庁長官ら10人を不起訴とした。

 誰が、不起訴と決めたのか。
 最終決定者である、彼である。
 
 我々国民は見ることも知ることもない、彼である。
 
 自殺した財務省近畿財務局職員を「犬死」にさせたのは彼である。
 死の抗議に込められた尊厳を踏みにじったのは、彼である。
 
 彼とは誰か。
 彼とは生き恥を晒して死んで行く者である。
 
 検察官は権力の部品ではない、どこまでいっても個人として決断するのである。
 
 しかして検察官としての職業を辱め、貶めたのは彼である。
 この国の権力を腐らせ、根っこから壊死させたのが彼である。

 彼は自らの良心に基づいた決断によって、上級国民を死守した。
 戦前がそうであったように、上級国民は生き残り、この国は焦土と化す。
 
 特捜検察よ、上級国民を守れ。
 
 お前たちは善良なる国民には必要ない。
 H検察官が善良なる国民の前にあからさまにしたのは、特捜検察死亡届である。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |