FC2ブログ
 
凋落へと突き進む日本国を真正面から見据えて
2019-08-07 Wed 09:59
 日本が長い停滞をへて、ジリジリと衰退しているのを感じています。
 GDP指標をしっかり確認しましょう。
 アジア諸国と比較してみましょう。
 
 誰にも明らかなはずでしょう?
 
 祖父や、曽祖父の時代の戦争犯罪で「刺してくる」韓国をうっとうしく感じます。
 けれど気持ちの底ではうるさい、じゃまくさいとまだまだ余裕があります。
 上から目線すら感じます。
 
 けれど、自分の国が衰退しているのを認めるのはどうも苦手のようです。
 超大国に変貌しつつある中国を正面から見ようとしないのも、そうした僕たちの弱点を反映しています。
 
 21世紀を根底から変えたのはインターネットと中華人民共和国(以下「中国」という)です。

 1991年12月25日ソビエト社会主義共和連邦が崩壊した時、いずれ中国も崩壊するものだと考えていました。
 「今にも」「或る日突然と」崩壊するだろうと夢想していたのです。
 トランプは米中貿易戦争を仕掛け中国の押さえ込みにかかっていますが、早晩GDPにおいても中国はアメリカを追い抜くでしょう。

 問題は無関心を装うことです。
 気にかけながら、もっとも脅威となる存在をまっすぐ見ようとしない姿勢です。 
 日本人の中国に対する無関心と、日本国の真の姿に対する見て見ぬ振りは、実は一体なんだと思います。
 
 日本国にとって最重要国は中国です。
 うっとうしい隣国との小競り合いに明け暮れ、目を思いっきりそらしているのです。

 進歩とか、成長とかで括っていた実態は様変わりしています。
 日本国は三十年近く足踏みをつづけています。
 いままさに衰退への落下カーブを下っています。

 衰退しても劣化は避けられると考えています。

 そのためにはまずは現状を認めなければ始まらないのです。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |