「日銀の発行する紙幣は民法上の債務ではない」
2017-07-05 Wed 15:05
「他方、日銀が会計上の債務超過に陥ることについては、筆者は本質的な問題はないと考えている。まず日銀の発行する紙幣は民法上の債務ではない。また日銀当座預金も紙幣の預け金なので、日銀の会計上の債務超過は日銀の債務不履行を意味しない。
 さらに日本銀行法は、日銀の財務状況とは独立に紙幣を法貨として規定している。法貨は金銭債務の履行手段として法的な強制通用力を持つものなので、既存の金銭債務に対する履行手段としての紙幣の本源的価値も日銀の財務状況とは独立に存在することになる。」
(日経6/30付「経済教室」、戸村肇早稲田大学准教授“金融政策の課題(下) 日銀の「出口」の損失備えを 政府との共有ルール整備”


 思わず財布からお札を取り出してみた。
 いまさらながらの「日本銀行券」だ。
 10000YENと印刷されてある。

 僕は、これ(「日本銀行券」)を借用書のようなものだと考えていた。
 日本銀行が発行する「借用書」である。
 つまり日本銀行券は日本銀行に対する債権のことだと思いこんでいた。

 この10000YEN札を保有する僕は債権者で、日本銀行が債務者であるかのように錯覚していたのである。
 だからといって、日本銀行は僕とは大違いの「資産家」だ、そんな事を意識することもなく、やり過ごしてきた。
 
 さて、筆者のいう「日銀の発行する紙幣は民法上の債務ではない」とはどういう意味だろうか。

 民法の条文を見てみよう。

・第415条(債務不履行による損害賠償)
債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

 筆者のいうごとく、日銀の会計上の債務超過が発生しても、そもそも日銀は民法第415条「債務不履行による損害賠償」責任を負っていないのであるから、日銀の債務不履行問題は生じることはない、ということである。
 したがって、日本銀行券という「借用書」は返済を期待し得ない貸付けである。

 この問題に関しては、「中央銀行券の債務性と政府紙幣の特質に関する研究」が参考になる。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |