成長できない国の悪夢、国家戦略特区は当初から破綻している
2017-06-03 Sat 09:52
 日本は成長できない国になった。
 1994年以降、名目GDP500兆円をうろちょろしている。
 成長しない、成長できない国なら、それを前提に国家運営を考えなければならない。

 ところが「国家戦略特区」は正反対のこまった思想で成長をごり押しした。
 アベノミクスの成長戦略はボロボロなのに無理強いした。
 これが破綻し、失敗したのは必然だ。

 成熟した分野に手をつっこんだ。
 成長を妄想した。
 当然こじれにこじれ、森友、加計学園問題が発生した。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |