スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
核弾頭もサリンもいらない、原子炉建屋にノドン一発で日本は壊滅的被害
2017-04-20 Thu 17:30
 日本においては、原子力発電所の中に使用済み核燃料が保管され、日々蓄積されている。

 使用済み核燃料は最終処分場がきまらないまま、原子力発電所に設けられた貯蔵プールに留め置かれたままになっている。
 その実態をNHKスペシャル「核のゴミ”はどこへ〜検証・使用済み核燃料」は伝えている。

 さて、原子力発電所に設けられた貯蔵プールで、使用済み核燃料は時々刻々冷却されなければならない。

 冷却期間は30年以上にわたる。
 一度原子炉の中で核分裂連鎖反応を起こした「使用済み核燃料」は、冷却しつづけない限り放射能と熱を出し続ける。
 冷却しないかぎり核分裂連鎖反応は収束することなく、発電に適さないだけで「生きつづけている」のである。

 国内全17原子力発電所のうち、現在通常運転中の原発は川内原子力発電所の1、2号機と伊方発電所の3号機だけだが、稼動していないからセーフティーではない。

 ポイントは、spent fuel pool(使用済み燃料プール)の設置されている場所である。

「原子炉内」という誤ったイメージをまずは払拭しよう。

 spent fuel pool(使用済み燃料プール)は堅固な格納容器に納められているのではない。
 福島原発事故で生々しい映像が残っている、あの水蒸気爆発で吹っ飛んだ原子炉建屋に格納容器とともに併設されている。
 破壊された建屋のペラペラな構造を見ているだろう。


 野ざらしではない。
 しかし、あの建屋が唯一の防護である。

 これに北朝鮮が実戦配備するノドン(準中距離弾道ミサイル)、ムスダン(中距離弾道ミサイル)が着弾すればどうなるか?
 原発攻撃のリアルについては、以下を参照してもらい先に進もう。

 原発の即時全面廃棄なくして日本国の安全保障は成立しないー3.10は3.11の歴史的前提ー

 イスラエルの原子炉空爆がもたらした新「核」攻撃時代

 政府機関で原発攻撃による被害について研究はされているが、隠ぺいされてきた。
 研究の報告は以下のとおりだが、最悪のシナリオ「原子炉の直接破壊」については分析困難としている。

 北朝鮮と開戦してもアメリカ本土は傷つかないだろう。

 壊滅的で予測のできない被害に直面するのは韓国、日本国民である。

*クリック拡大 

被爆死最悪1.8万人
出所=東京新聞 平成27年4月8日朝刊

原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省
出所=朝日新聞デジタル「原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省」
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。