負のレガシー
2017-03-18 Sat 08:41
2011年、3.11の教訓を生かしたのはドイツだ。

メルケル政権は「22年までの脱原発」方針を推進し、風力・太陽光発電コストを火力発電コスト並みにまで引き下げている。

チェルノブイリ原子力発電所は原子の火を石棺でおおい31年、東京電力福島第1原発は水冷による放射能汚染水総量が100万トンを超えた。

負のレガシーだけが未来に向かって増大する。

日本は教訓を殺してしまった。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |