伊豆出張、放置自動車顛末記
2017-03-11 Sat 14:18
伊豆へ行った。
仕事をさっさと片づけ、物見遊山とはいかなかった。
放置自動車の処理が待ち受けていた。

伊豆にアパートを持っている。平成元年に建てたのだからもうかれこれ27年になる。
建物の南側、軽なら三台止められるスペースがある。
軽自動車が一台、一年以上にわたって居座っている。

捨てられたゴミのように放置しているのだから、どかせばいいと思うだろうが、この塊をどかすのは骨が折れる仕事だ。
車両より重い、「所有権」というのがくっついている。
無責任な塊だからといって、手を出したら犯罪になる。
そこで、手順を踏んで処理しないといけない。

まずは持ち主を探さないといけない。
どうやって?

いや、その前に、事件性を確認しないといけない。
盗難車かも知れないから、警察に届けを出して調べてもらう。
事件性がなければ、ナンバーから所有者を割り出す調査に取りかかる。

で、見つけたとして、素直にどけてもらえなかったらどうするか。
勝手に手を出せない。
「所有権」があるから、裁判所に判決をいただかないといけない。
裁判所の判決をもらうために、日付入り写真で長期間車が放置されている証拠を記録する。
所有権つきゴミ処分のためにうっとしい手間ひまをかける。
仮に判決がもらえても、自動車の所有者がしかとすればそれなりの判決をもらっていても、強制執行はそれはそれで別途「判決」がいる。

見つからなければ、裁判所に判決をいただいた上、自費で処理するしかない。

踏んだり蹴ったり、つまり放置自動車の撤去は一筋縄では解決しない難問である。

で、どうなったか。
手順を踏むしかない。
苛々はするが、まだ一日目だ、理性的に対応できる。
警察による現場検証の依頼からはじめた。

その日の午後、事件性がないことが分かった。

警察が動いてくれたことがきっかけで、地元のネットワークから思わぬ解決の糸口をつかんだ。
出張2日目の午後、来週中に撤去すると連絡を受けた。

それを確認しないと解決とはいえないが、2日間の出張で、撤去の目処がついたのは幸運という以外に言いようがなかった。

ああ、これで終わってほしい。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |