ああ突然死
2016-03-29 Tue 16:06
町田駅南口の蕎麦屋が一軒閉じました。
昨年の大晦日に「突然死」です。
解体中の店に遭遇し、ガラス戸にはり付いた張り紙をみてがっくりきました。

熱かんに筍煮物、鮎甘露煮、天麩羅。
いつも和服のおかあさんと挨拶も交わせずお別れです。
ついぞ二階に上がることはありませんでした。

おかあさんのお兄さんか、弟さんがつくっていたと思うのですが、会うことができませんでしたね。

町へ出たって、目的という目的なんかありません。
ぶらりと立ちより、ちょいと一杯ひっかけ、ざるでもすすれば気分が落ちつく。
冷やでもいいし御燗でもいい。

暇つぶしした『存在と時間』も平らげ、少しグズグズしていたら、ろくなことがない。
やることがいよいよ少なくなって、とうぶんハイデガー著・木田 元監訳『現象学の根本問題』の研究でお茶を濁そうと思います。

木田 元監訳 『現象学の根本問題』
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT