スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「ヨーロッパが壊滅する日が近づいている。」
2015-11-22 Sun 09:32
ありふれていて平穏で緩やかな生活とその空間。
それを守る、もっと強くいえば死守する。
それをコンサバ、保守主義(Conservatism) と片づけることは許されないだろう。

そこに通底する思いが政治や社会を動かしている。

日常空間が崩れた瞬間、おぼろげな予感が不安へと膨張する。

根底から突き上げる不安。

自爆も乱射も、しかしそれは始まりに過ぎないのかも知れない。
自爆テロは西洋文明との心理戦に持ち込んでいる。
その最大の脅威が原発テロだ。

米英仏のアフガニスタン、イラク、シリア軍事介入によってパンドラの箱が開いた。
ISIL(自称「イスラム国」)が地上に飛び出てきた。
自爆テロ(suicide terrorism)

suicide?自殺?
キリスト教的解釈。
イスラムの怨念?

コッポラ監督の『ゴッドファーザー PART II』だっだと思う。
ヴィトーの後を継ぎゴッドファーザーとなったマイケル・コルレオーネは、1958年末ファミリーの利権を拡張すべくキューバのハバナに降り立った。
空港からの車中、フィデル・カストロ率いる反政府ゲリラと警官隊との戦闘を目撃する。

一人のゲリラが爆弾を抱え警官隊へ向かって身を投げた。

彼はその時共産ゲリラの勝利を予感する。

命を捨てている。
七十年前日本は6418人が特攻[神風特別攻撃隊]によって「自爆」した。
国家の命令である。

彼らは違う。
何が違うのかつぶさには理解できないが少なくとも「特攻」ではない。
そして自らの宗教的信念によって、命を放棄した者に勝利できるだろうか、そんな思いを巡らす。

ヨーロッパが壊滅するシナリオ。
そのターゲットは原発だと予感されている。
フランスを取り囲む国々、ドイツ、イタリア、英国、スペイン、オランダなど欧州中枢が放射能に汚染される。

当然ながら放射性物質が撒き散らされるだけではなく、名もなき「善良な市民」から安心立命の日常が失われる。

フクシマが予言されている。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。