バーベル復活
2014-04-29 Tue 09:55
三十代最後の年だろうか。
たぶん1988年(昭和63年)の頃だ。
町田にあった「ティーリー(tili)」というスポーツジムに通った。
中国語で「体力」という意味だった。

その時はじめてバーベルをにぎった。

そこがつぶれ、いくつかジムを転々としたが、tのようにはなじめなかった。

2002年4月、ネットでベンチ、バーベル、ダンベルをそろえ、自宅をジムにした。
南西に窓のついた、畳三畳の屋根裏部屋。
それから四年、飽きもせず一人バーベル。

2006年3月、一人ベンチプレスでバーベルを支えきれず、危険な目にあい、バーベルを廃棄した。

その後は、自宅トレーニングの中心はもっぱら自重だ
自重を「重し」とするので、危険も疲労も少ない。
ストレッチ、バランスボール・トレーニング、股割り体操、階段昇降トレーニング、腕立てバー、腹筋ローラー・・・。

もう八年になる。
飽きてきた。
市営のトレーニング室が充実していると長男からきく。

歩けば片道三キロほどだ。

ウォーキングになる。
帰りはバスにすればいい。
新しいトレーニング・マシーンにも関心があるが、何よりバーベルがにぎりたい。

飛石連休のはざまにでも出かけてみよう。
週一なら疲労にまいる事もないだろう。
試す事だ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT