スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ある建具屋さんの廃業
2014-02-28 Fri 15:43
今日M社が廃業した。
昭和三十七年開業の建具屋さんだ。
二升ぶらさげ、長年のお礼にうかがった。

看板は外されてあった。
鉄骨の枠だけが残されていた。

Yさんがいた。
七十を超えただろう。
僕を見ても最初は分からなかった。

「お酒は相変わらずですか。」
「やってるよ。」

内業の担当だから、会うのは四十八年ぶりだ。
Hさんは外回りで出かけていた。
二人には僕が高校のとき網戸張りのバイトでお世話になった。

1

三十二で建築業界にはいって、はからずもずっとお世話になることになった。
バイトは昭和四十年の頃だから、まだ若い会社だった。
二人も僕も若かった。

「拝啓」ではじまる手紙が来ていたが、今日までうかがえなかった。

代表のIさんは当時からおやじ風で、今も変わらない。

つまらない図面を引いて建具を造っていただいたが、それももう昔のことだ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。