スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
パラレルキャリア(第二の仕事)としてのトレーディング
2013-11-19 Tue 15:39
老人のビジネスとしてトレーディングは悪くない仕事だ。
しかも、それはフルタイムで、業務として強制されたトレードではない。
パラレルキャリア(第二の仕事)を生きようとすることだ。

独立自営者としての自覚がなければならないと思う。

そのために長い助走が必要だし、リングで打ちのめされたボクサーのように手酷い試練にもあうだろう。

僕のケースはありふれている。

はじめて株を買ったのは、パソコン通信によるトレードだった。
山一証券・パソコン通信トレードソフト「サンライン」。
あれから二十年近くを費やしている。

瞬発力の落ちた中年に、日経225先物はきつかった。
大小のバブル崩壊にもつきあった。
そうしたきつめの授業料を払って、パラレルキャリア(第二の仕事)に到達する。

核心は、仕事(ビジネス)と規律のない生活にただよっている老人はみじめなものであるという事実である。

高負担高収入もイヤだ。
前者はイヤで後者はいいということではない。
両者は切り離せない。

日に三四時間で、年率10%も稼げば御の字だ。
稼げない年もへこむ年もあるが、うまくできればバイトほどは稼げる。
低負担だから欲張ってはいけない。

今日はトレーディングの三本柱の一つ、資産管理に使う帳票類に手を入れた。
トレーディング台帳を改訂し、エクセルに打ち込むトレード記録は24項目となった。

資金曲線(週末資金残高表)に新しい線を加えた。
期待リターン(目標10%)に加えプロの目標25%のブルーライン、それに5週移動平均線。

台帳の改訂にともなって、分析フォーマットはいっそう充実しそうだ。
・勝率の検証
・ペイオフレシオの検証
・破産確率の検証
・期待値の検証
・機会値の検証

これは立派に仕事になっていると思うが、どうだろう?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。