スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
さよならキュービー
2013-01-14 Mon 10:35
二十二年前だ。
バブルはピークをつけていたが、絶頂期はまだ先きにあるとたかをくくっていた頃のことだ。
渋谷PARCOで買った。

朝テーブルを四人掛かりで二階からおろした。

持ち主を代え、リサイクルで生き返るだう。

モノを捨てる。
その時代を生きた、その時の自分も捨てる。
イタリア作家のテーブルは、五千円で引き取られていった。

捨てることで決着する、その明快さは心地よかった。

1
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。