アベノミックスの賞味期限、その限界
2013-01-31 Thu 22:08
ぼくが手っ取り早く知りたいのは、アベノミックスによって生じた上げ潮にどこまで乗っていけば良いか、です。

知的な興味もさることながら、リスクをとって不動産事業に投資し、リスク資産(主としてETF)に手を出しているからです。
実践的な課題です。
知的興味に引きずられ、その世界にふけってしまう、酔ってしまうのは一番危険です。

昨日、町田のあおい書店で『週刊エコノミスト 2/5 安倍バブル』と吉川 洋『デフレーション』を見つけ、さっそくオダサガのガストでおさらいしました。
前者は総特集の感がありました。
読み応えがあります。

さて後者ですが、ぼくが真っ先に読んだのは「第七章 結論」です。

日本の学者は結論を後回しにするので読みにくい。
結論に説得力があれば前にもどって読み進めばいい。
それに結論は要約された良い見取り図となります。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT