スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
白川日銀総裁の顔はハムレットのよう
2012-12-29 Sat 16:19
デフレだとカネの値打ちがあがる。
貨幣価値 > モノの価値
インフレはこれが逆転して、カネの値打ちが軽くなる。
モノの価値 > 貨幣価値

「フィッシャーの方程式」はこうだ。

Et πt = it -rrt
・Et πt :期待インフレ率
・it :名目金利
・rrt :実質金利

これを読み解けばいい。
rrt =it-Et πtだから、
実質金利は期待インフレ率がこうじてくると、下がる。

実質金利が下がるのだから、債務を負っている者が得する。
株も上がる。
なぜなら株は上場企業の「債務(借用証書)」だからだ。

簡単な「星取り表」を書いてみた。

1

日本経済新聞のインタビューに応じた日銀の白川方明総裁の顔はハムレットのようにみえた。
日銀総裁、「デフレ脱却、政府と連携」「緩和規模、米欧に劣らず」

どうやら資産を持っている連中は、資産インフレで一儲けできそうだと踏んだようだ。
アベノミックス効果がもてはやされ、一気に株価は上昇しはじめた。
わずかな現金しかない庶民は、インフレで痛めつけられる。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。