スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
人生マネジメント
2012-03-08 Thu 13:43
現役と半現役・非現役(定年退職、隠居)との決定的なちがいは、スケジュールに割り込みが入らないことです。
他人や会社など外部からの用件によってスケジュールが乱されることはほとんどありません。
それをさみしいと感じるひともいるでしょうが、実は半現役あるいは非現役になって、はじめてタイム・マネジメントの技術を十二分に駆使するもっとも適した環境にあることに気がつきました。

私の使っているシステムは、ToDoリストを日記においています。

ToDoリストではいかにもビジネスオンリーなので、
「今日のプランー一日(生活)のパーフォーマンスをあげるため徹底してプランし、準備するー」
の日記フォーマットにto-doをリストアップしています。

主たる活動ではありませんが仕事だけでなく、趣味、余暇、運動・・・やりたいこと、やらなければらないことならなんでもリストアップします。

さて、今日のプランの前には今週のポイントが、その前には今月のポイントが計画されてあります。
さらに、今月のポイントの前には「2012年にやりたいことの五大リスト」があります。
さらにさらに、その前に10年を一区切りに計画した「未来年表」が存在します。

これらはすべて人生をマネジメントするためのツールです。

人生のマネジメントサイクルをまわす。
Plan-Do-Seeです。
Plan(計画)→Do(実行)→See(評価)は、人生に適用してもっとも純粋にその効力を発揮できるのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。