スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
KitchenTimer一分間瞑想法
2012-01-13 Fri 23:12
なかなか身につかないのが「瞑想」です。
座禅を組むとか本格的な瞑想法とか、むずかしいものは考えていません。
気持ちを落ち着かせる、ひと呼吸のことです。

デイヴット・クンツは著書『急がない!ひとりの時間を持ちなさい』のなかで述べています。
「深呼吸がいちばん簡単にできる静止方法である。」(P.70)
ところが肝心なとき、それすらできません。


急がない!ひとりの時間を持ちなさい急がない!ひとりの時間を持ちなさい
(1999/04)
デイヴィッド クンツ

商品詳細を見る


いざとなったら深呼吸どころか、せわしく呼吸をくり返す。
あるいは息をつめる。
コントロールのきかない気持ちに引きずられていく自分。

クンツはいいます。
「立ち止まる"Stopping"ことは、自分本来の姿を思い出し、自分本来の姿を充分に自覚するために、一定期間(1秒から一ヶ月)できるだけ何もしないことである。」(P.24)
そして「静止"stillpoints" (little pauses)は立ち止まる"Stopping"こと全体の基礎、支えである。」(P.69)と。

深呼吸できないのですから、静止できていません。
そこから先きの世界へはすすみようもないのです。
「立ち止まる"Stopping"には3つの方法がある、短い時間のものから順に、静止stillpoints、休止stopovers、そして停止grinding haltsである。」(P.66)

瞑想で何より大切なのは、たんにはじめること。

1分間の瞑想を試みてみることにしました。
1分間、息を吐くときにその息をひとーつ、ふたーつとこころのなかで数える。
息の感覚や息の数以外のことを考えているのに気がついたら、気づきしだい息の感覚と数だけに注意をもどす。

数息観というのでしょうが、むずかしい理屈はいりません。

KitchenTimer

100円ショップで道具を買いました。
KitchenTimerです。
一分たつとアラームが鳴ります。

1分間を点のように、いくつもいくつも重ねて行こうと思っています。

まさにその時には、深呼吸できるようになりたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。