河津の花○ (はなまる)さん、稲取地金目づくし
2011-10-29 Sat 17:41
年々旅が好きになります。
とくに列車の旅です。
行きなれた先きの景色はほとんど見ません。

列車はまとまって本が読める書さいのような存在です。

読書の終わるころ到着です。

昨日は今井浜に泊まりました。
30年通っているところです。
今井浜から河津に向かってよく歩いたのですが、伊豆稲取へ向かい海岸沿いを歩いたことはありませんでした。

1

海の湯をすぎ、民宿や釣り船屋が連なる海岸を30分ほど散歩しました。
「見高学舎跡」のお寺の境内から見下ろすと、雨戸が閉じられ空き家と思われる家。

2

今井浜のなだらかな砂浜しか知らなかったのですから間抜けでした。
荒々しい海があります。

3

郵便ポストと郵便の看板のかかったタバコ屋。

すっかりお腹も減り、ホテルはパスして、夜はいつもの通り河津の花○ (はなまる)さん。
稲取漁港で水揚げされた地金目づくしです。
あぶり鮨、お造り、シャブシャブ、土瓶蒸し、お雑炊。

4

シャブシャブの自家製ポン酢はきりっとした際立った辛さがあります。
1月に「果実」を絞るそうです。
隠しの一味をひと瓶いただきました。

5

和室の設えも秋色でしたが、
なによりテーブルのトリカブト。
12月には友人のCを誘って行きたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT