スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
水野和夫『終わりなき危機』ノート1
2011-09-24 Sat 15:56
水野和夫『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』を読み終えた。

読みながら付けていたノート。
一部をブログに掲載しようと思う。

近代が終わったことを実証する本だ。
つまり「成長の時代」が歴史的使命を終えたことを告げている書。
技術進歩によって経済成長し、今日より明日が豊かになると誰もが信じて疑わなかった時代の終焉の物語である。

近代は二つの成長原理をもっている。
1.新たな市場を発見し開拓すること
2.ただ同然のエネルギー(石油)を独占し、大量に浪費できたこと

この二つが破綻した。

目次にそってノートをブログに転載しよう。

第1章 陸と海のたたかい―地理的・物的空間と電子・金融空間
第2章 成長神話と米国幻想―「成長」自身が「収縮」をもたらす
第3章 ヨーロッパ史と世界史の融合は可能か―「長い一六世紀」を超える二一世紀の衝撃
第4章 「技術進歩教」神話の崩壊とヨーロッパ史の終わり―「膨張」のヨーロッパ史と「定常」の日本史


終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか
(2011/09/06)
水野 和夫

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。