iPhoneよスマートフォンよ、さらば
2011-07-30 Sat 14:16
iPhoneをやめました。
使い物にならない代物でした。
さんざん試して、アプリは付録やオマケのように安っぽく、底が浅いことを思い知りました。

ブドウの房のように数万のアプリがついていました。

おいしい。
口に入れた、その一瞬です。
一粒一粒でどれほどの違い、効用、効果があるのか。

ブドウはブドウです。

110730

小さな操作板にタッチしてできることはかぎられています。
あれば便利と錯覚します。
あってもなくても支障がありません。

その程度の機能です。

ごくごく狭いすき間をうめる機能群=ブドウの房がアプリです。

それらを使いこなそうと思たら、アプリのために生きた時間を捧げないとならない。
浪費です。
バカげています。

ツイッターもフェイスブックもいりません。

スマートフォンは小型パソコンです。
パソコンでありながら、思考増幅装置としての能力を欠いた、半端者です。
そんなもののために、使いなれたCADで空間やプロダクトを創作する時間を奪われるのはごめんです。

そう、テレビといっしょです。
自分が考えるかわりに、自分が創作するかわりに、自分が楽しむかわりに。
テレビ奴隷、スマートフォン奴隷。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT