3.11を超えて
2011-06-30 Thu 10:19
上半期がおわります。
3.11がありました。
心身にいい知れぬ不安と動揺が走り、多くのひとが経験した変調になやまされました。

3ヶ月余りがすぎ、3月11日を境に、高度経済成長時代が終えんしたのだと実感するようになりました。
20年におよぶ平成不況をへて、いよいよ破断したのです。
原発はこの時代の象徴でした。

ぼくは団塊世代の一員ですから、この時代の中核的担い手でした。
けれど「主流派」ではありません。
30代で独立し、大企業とは縁のない自営で生きてきました。

周縁からぼくはこの時代を見つめてきました。
今もって「原発は恐いが必要だ」と煮え切らない答え方しかない、同世代を悲しく思います。
世界が変わったことをいまだに受け止め、受け入れることができず、旧時代に固執するのは醜悪です。


ゆっくりとですが、生活が戻ってきました。
ぼくが立ち返ったのは、元のライフスタイルです。
時代が変わったと実感し認識しましたが、ぼくのスタイルは大きくかじを切った時代の方向と軌を一にしていたと思います。

11.6.30

年初にかかげた軸があります。
「2011年にやりたいことの五大リスト」もその一つです。
ぼくはそれらを点検し、「ONE PAGE MANAGEMENT SHEET」に 2011下半期の課題を記しました。

やるべきこと、やりたいこと、やれることは何一つ変わっていません。

五大リストの一つ、「健康を加えつづける」もしっかり生活習慣に根付いています。
シートに特記したのは、体幹を意識したバランスボールトレーニング、を増やすことぐらいです。

・節酒日、禁酒日を意識的に設ける
・13品目食事法/1,800kcal/週一回安息日を実践する
・基本メニュー実践ー週間調整法ーストレッチ/ダンベル筋トレ/バランスボール筋トレ/股割り/カーフレイズ/階段昇降運動・冷水法
・体幹を意識したバランスボールトレーニングを増やしていく

ほかの四つのリストも、無理することなく、生活の中で実行していくことになるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT