スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「すべては相対的である」ーレラティブ・ストレングスの世界ー
2011-03-05 Sat 17:42
「すべては相対的」とは言い逃れだ。

つまるところ何も主張しないのだから、あげ足を取られる事はない。
根拠を示す必要もない。
世間向きは和をもって尊しを貫くのだから、きらわれるおそれも少ない。

調和的で、
八方美人的で、
処世的である。

これが出来ないのは性格ゆえだ。

くりかえそう。
「すべては相対的である」
トレードの世界ではこれが唯一の真理だ。

トレーディングこそ相対主義でなければ生き抜けない。

「潜在的な購入リストをさらに絞る時にチェックすべき次の重要な要素は、レラティブ・ストレングスだ。これは、ある銘柄がマーケット全体との関連でどのような動きをしているかを測るものである。」
(スタン・ウエンスタイン『テクニカル投資の基礎講座』パンローリング刊、P.153)

レラティブ・ストレングス(Relative Strength)の公式は単純明快だ。

銘柄リストの株価を市場平均で割るだけだ。

ジョン・C・ブルークスは『ブルークス流テクニカル運用戦略』(東洋経済新報社刊)のなかで、いっそう明快に述べている。
「われわれが二つのデータの強弱を判定する際に行うことは、両者を比較することだけである。・・・。市場において相対力分析((Relative Strength Analysis)を行うということは、あなたが資本投下すべき最適な場所を見いだそうとしていることと同義である。」(P.197)

RSをさらに深めた使い方をしているのが、バン・K・タープ だ。
『新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え 』、『タープ博士のトレード学校 ポジションサイジング入門』(ともにパンローリング刊)の両著で、大局観を見守っていくためのモデルづくりのアイディアを述べている。
「今日の世界の経済情勢は、世界経済のさまざまな側面を表すETFのレラティブ・ストレングスで表すことができる。」(『タープ博士のトレード学校 ポジションサイジング入門』、P.156)

彼のアイディアを種に、大局サマリーの定点観察ツールを開発したが、
自分でつくったからこそ信頼をもって使えるというものだ。
そう、そこだけが絶対的な根拠だ。


テクニカル投資の基礎講座―チャートの読み方から仕掛け・手仕舞いまで (ウィザードブックシリーズ)テクニカル投資の基礎講座―チャートの読み方から仕掛け・手仕舞いまで (ウィザードブックシリーズ)
(2008/03/13)
スタン・ウエンスタイン

商品詳細を見る



ブルークス流テクニカル運用戦略ブルークス流テクニカル運用戦略
(2008/03)
ジョン・C. ブルークス

商品詳細を見る



新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザードブックシリーズ)新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザードブックシリーズ)
(2008/01/10)
バン・K・タープ

商品詳細を見る



タープ博士のトレード学校 ポジションサイジング入門 (ウィザードブックシリーズ)タープ博士のトレード学校 ポジションサイジング入門 (ウィザードブックシリーズ)
(2009/12/07)
バン・K・タープ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。