スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
空虚な革命ーエジプト100万人デモは何をもたらしたかー
2011-02-14 Mon 19:36
2014
*クリックで拡大します

地球上で、もっともどん欲で、かつおく病な動物がいる。
彼らの心配が高じると、VIXという数値がはね上がる。
それは血圧計のようなものだ。

別名「恐怖指数」と呼ばれている。

相場の先行きに不安が生じた時に数値が大きくはね上がる。

リーマンショックの時の数値は、まさに血管がブチ切れそうになる直前まで急上昇した。

さて、エジプトはムバラクを追放した。

体制メディアは民衆が独裁者を倒したと伝えた。
ムバラク独裁後の道が始まった、と喧伝する。
しかし何が変わったか?

エジプトの軍事指導体制はアメリカと一心同体だ。
アメリカの言いなりである。
シャッポは飛んだが、実質何一つ変わっていない。

イスラエルに友好的なアラブ国家は維持された。

アメリカはエジプト軍最高評議会を通じて、今後もエジプトを実行支配するだろう。
イギリスもスエズに害がないと胸をなで下ろしている。
CIAの手さえ借りる必要もなさそうだ。

100万人のデモがあろうがなかろうが、この間血圧計に大きな変動はみられなかった。

おとなしいものだ。
エジプト人民も体制的で穏健そのものだし、
それを注視していたはずの投資家の鼓動に乱れはまったく見られなかった。

一瞬の動悸すらなかった。
どん欲でかつおく病な動物である投資家は、安心しきっている。
何も変わりはしない、変わらないと確信したのだ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。