スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
移動平均線研究2ー若き人へー
2010-09-27 Mon 08:35
さて、補助線は一本だけだろうか。

幾何の教科書が指示したのは一本の補助線だ。
それさえ見えていなかった。
それは唐突で、恣意的で、理解不能の何ものかだった。

しだいに初等幾何学の学習が進んで来る。
それにつれ、いつしか何本もの補助線を自ら引くことができるようになる。
何本もの補助線が浮かんで来るようになる。

一本だけだったはずの補助線が何本もある!!!

解法は一つじゃない!!!

移動平均線は、幾何学における補助線と同じ役割を果たす。
ネットをあければ移動平均線を無数に見ることができる。
たとえばケレミレ株式情報をあけてみよう。

どの項目をクリックしてもかまわない。
100:日経平均株価、305:上海総合(中国)、405:SENSEX(インド)、501:ユーロ/円、600:WTI原油、606:ロイター商品相場指数・・・。
日足(ひあし)、週足、月足それぞれにデフォルトの移動平均線が設定されてある。

25日、75日移動平均線。
13週、26週移動平均線。
6ヶ月、12ヶ月移動平均線。

デフォルトに5日移動平均線や、6週移動平均線、3ヶ月移動平均線などを加えることもできる。

デフォルトを無視して、日週月の数字を任意に設定することもできる。

それは自動的に引かれるものなんかじゃない!!!

まずは理解しよう。
移動平均線は補助線であること。
それは人が任意に設定できること。

つまり移動平均線は人が考えるだけ無数に引ける、補助線であることを正確に認識しよう。
(つづく・不定期掲載)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。