スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
総選挙でたくされた国民の意思を実現するのがデモクラシーだ
2010-09-10 Fri 08:26
小沢と菅との戦いの焦点はマニフェストです。

マニフェストをめぐる戦いです。

マニフェストは国民との契約です。
国民との直接契約です。
国民との直接契約と、代議制とが対立する構図が浮かび上がりました。

これが小沢と菅との対立軸です。


菅グループはマニフェストを代議制の下におく。
代議員(国会議員)がマニフェストを修正する。
総選挙によって示された国民の意思を代議員が変更することに何の制約もないと考える立場です。

これに対し、小沢はマニフェストをトップダウンで実現すると訴えます。

代議制はデモクラシーであると考える政治思想があります。
代議制はデモクラシーではないと考える政治思想があります。
私は後者です。

直接、民主主義の洗礼をうけ、それに付託された国民の意思を実現するのがデモクラシーであると捉えています。

代議制はその執行機関です。
期間限定の代行です。
代議制はその限りで正当性を保ちます


総選挙は直接民主主義が発現する場です。
マニュフェストはその結晶体です。
これを基本とするか否かはデモクラシーの本質をどう捉えるか、にかかっています。

菅・市民派グループといわれる民主党の面々はその意味におけるデモクラシーを全否定して何の痛痒も感じていないようです。

市民派といわれる人たち、グループが直接の民主主義(民意)を抑制し、代議制に活路を求めるというのは歴史の皮肉です。
市民派はオープンな参加と討議そして合意を表明しますが、その実態はいまや代議員デモクラシーです。
市民派とは自己矛盾、あきらかな詐称です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。