ぜいたくな気分
2010-05-31 Mon 11:19
もみじ

週末、箱根強羅の新緑をたのしんだ。

それは箱根美術館の裏手に広がるもみじの林のなか、古木をさけ、一群をぬうように建てられてある。
もみじをめでるために、その周囲を注意深く切り取った設計意図が見てとれる。
かってはスーパーゼネコンの保養所であったらしい。

定点観察というぜいたくが許されるなら、半年後に再びここを訪れたい。
11月、紅葉の林の中を突き抜ける長い廊下をゆっくり歩きながら、秋に埋もれた感覚を味わいに行こう。
バルコニーに覆いかぶさるような原木を、窓辺にあって眺めていたい。

そう思うだけでぜいたくな気分になる。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT