FC2ブログ
 
資産としての持ち家処分法、二世帯住宅再生顛末記2
2019-07-18 Thu 09:43
 二世帯住宅の売却を考えうちに、それが資産であるという側面を強く意識するようになります。

 日本では中古住宅そのものが好まれていません。
 まして二世帯住宅は汎用性を欠いた間取りですから、マーケットそのものが小さい。

 正反対なのは米国市場です。 
 中古物件を中心に市場が形成され、住宅流通量の82%が中古住宅です。
 
 つまり中古住宅はその潜在的価値に比べて不当な評価、扱いを受けているのが現状です。
 とは言っても、マーケットに立ち向かっても勝ち目はありません。
 個人で左右できないのが環境ですから、受け入れるしかありません。
 
 どう処分しようか思案するうちに、資産として持ち家を捉えるなら、それを活かす方法、活用法を自家使用だけではなくもっと広げないといけない。
 そう考えるようになりました。

 ところで日本においては家計の資産形成手段の第一は、持ち家です。
 60歳以上の高齢者世帯の資産の中身を見れば、持ち家(宅地+住宅)が1/2強です。
 そのうちおよそ預貯金が1/4ですから、持ち家という形で、土地・住宅等の実物資産を過半所有しているのが実態です。
 
 つまり持ち家資産が大半を占めますから、これをどう活用するかが肝になります。
 自家使用だけに限定していては、資産としての価値を生かせないと考えるようになりました。
   
 二世帯住宅というのは、三世代にわたってこうした家計資産の構成、構造を制約(左右する)します。
 
 老夫婦世帯には過大で無駄が多く、負担(身体的、金銭的にも)となっています。
 こうした現状をまんぜんとやり過ごし、住み続けることがもっともあやうい将来を招くのだと危惧するになりました。
 実際、自分で手を下せなくなる年代が迫り、成行に任せるしかない状態に陥ることが最悪のケースだと考えるようになります。
 
 それにこれを継承する息子たちにとっても、住居利用に限定された現状のまま維持管理するのは、彼らの能力を超えるでしょう。
 
 そこで、基本的にどんな行き方がよいか、これをうまく活用するためのアイディアを練りました。
 二世帯住宅を三分割し、それぞれ別途の使用が可能な建築形態(区分所有)にリノベーションしようと。
 これによって利用法を拡張し、賃貸等変化にも対応できる柔軟な選択肢を手にすることができます。

 Ⅰ.二世帯住宅の三分割構想を実現する。
 Ⅱ.一階住居スペースを老後住居として再生し、老後拠点を築く。
 Ⅲ.二階住居スペースおよび一部道路側を事務所スペースとしてリノベーションし、新たな複数収入源として活用する。
 
 そうです。
 民泊は無理でしようが、新たな複数収入源としての道を考えたわけです。
スポンサーサイト
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
どこへ住替えようか、二世帯住宅再生顛末記1
2019-07-13 Sat 12:51
 二世帯住宅は思い出がいっぱい詰まった風船のような存在である。

 一世代(20~30年)超えると、とたんと始末が悪くなる。
 親世代が逝き、孫世代が旅立ち、子世代が取り残される。
 その時子世代は親世代となっているのだが・・・。
 
 親世代となった子世代もやがてセブンティを越え、図体が大きいだけの住まいをもてあますようになった。   
 どこから手をつけようか。
 途方にくれた。

 で、まずは顛末記をグチから始めよう。
 
 だだっ広いだけで、夫婦二人の二世帯住宅はこっけいである。

 お風呂もキッチンもトイレも、何もかもが二倍存在する。

 維持費がかさむ。
 手入れ、掃除と手がかかかる。
 なにやかやと倍かかる。
  
 余分な部屋ばかりが残されるから、モノの収納には困らないので、明らかにメタボになっていく。
  
 上が子世代、下が親世代の二世帯住宅であった。
 築30年、一階の住まいを使わなくなってあっという間の十年が過ぎた。
 図体ばかりがでかい、始末に困る二世帯住宅が取り残された。
 
 真っ先に考えたのは住替えである。
 それも断然とマンションへの住替えである。
 なによりマンションだった。

 鍵一つ掛ければ戸締まりが安心、近所付き合いもそこそこですませそうだ(と想像した)。
 
 マンションには住んだことがないので、憧れもあった。

 マンションに移るのだから、真っ先に売却を考えた。
 しかし二世帯住宅そのままの売却は難しかった。
 ヤドカリのようにはいかないのである。
  
 二世帯住宅を始末するには、選択肢は三つしかない。
 ・売却するか
 ・建替するか
 ・リフォームして使い続けるか
 
 真っ先に浮かんだのは住替えの方で、これだととりあえずは二世帯住宅の後始末を先延ばしにできる。

 査定は二束三文と感じるほどに情けないものであった。
 最後は更地にして売るしかなさそうだ。
 二世帯住宅そのものがもはやジャマものであった。
 
 じっくり買い手を待つしかなさそうだ。
 気に入ってくれる買い手が出てくるかもしれない。
 長期戦だ。
 
 それでも老後は駅近マンションのイメージが染み付いていて、住替え意欲は落ちなかった。
 そのうちいい買い手が見つかるかもしれない。
 時間が解決してくれると売却問題には目をつぶり、駅近くのマンションを中心に、隣駅の相模大野や町田のタワーマンションなどを見て回った。

 率直に感じたことを記そう。
 
 マンション暮らしが自分には合わないようであった。
 
 部屋の一つ一つが狭い。
 間仕切りが多く、開放性に欠けていた。
 戸建てと違いひとまわり狭く感じ、圧迫感がぬぐえなかった。

 壁に挟まれているようで息苦しかった。
 
「ああ、馴染めないな」と思った。
 
 確かに高層から眺める夜景はそれなりの魅力を感じたが、その肝心の窓を開け放つことができない。
 快適性を合理的に突き詰めると、第二自然が創り出される。
 視覚は十分満たされそうだが、肌が合わなかった。

 空気の肌感覚や、外からの音が遮断されて、自然から遠ざけられるような不安があった。
 
 駅近だが、住んでいるのは若い世帯で、エレベーターが渋滞する通勤時間は特に苦痛だ。 
 戸建は駅近とはいかないが、縦で待機するか、横に歩くだけの違いだと悟った。
 歩く方が気持ちいい。

 そんなこんなの紆余曲折があり、ここらあたりから、本格的に二世帯住宅再生を志向するようになった。
 いつまでも住替えのための資金繰りを後回しにしておくこともできなかった。
 
 住替えの夢が先に生まれ、夢がふくらむにつれ、悩み(問題)も拡大していった。
 
 書いてしまえば数行の事だが、ここに至るまでに二、三年はかかっている。

[記]「二世帯住宅再生顛末記」は不定期になるが、書き継いでいく。
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
雑草の宴は許さない
2019-06-17 Mon 16:07
 雑草はムリに引っこ抜くと、根が生き残る。
 一度首根っこを引っ張り、覚悟させてから二度目にグイッと引くと、深い根っこまでいっしょに抜けてくる。
 抜け切った時の感触がたまらない。
 
 クククッとすっぽり取れる。
  
 こうして、いわゆる私道(位置指定道路)とアスファルトとの間の砂利敷に、数本の草花を残す。

雑草の宴
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
歩数計の真実とマジック
2019-05-22 Wed 07:14
2939、1185,1997、3033、2534、3454、2815・・・。

なんの数字か?

外出しなかった日の、歩数計の値です。

引きこもると、いつか三桁の数字を記録し、そして寝たきり老人です。

なんでもいい、何かと理由をつけて外出することです。
理由があれば出かけなければならないからです。
理由が見つからない時は理由健忘症になって外出します。

で、写真は上から出窓、小田急線線路脇、芹が谷公園のものです。

出窓の花

小田急線線路脇の花

芹川公園の何か
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
連休夢想
2019-05-04 Sat 09:12
 高速道路の渋滞を見せられるたびに出かけるのはイヤだ、うんざりだと思う。
 で、家に閉じこもることが多くなった。
 暇である、バカバカしい夢想がもたげてくる。

 連休初日スカスカの上りを走ったら気持ちいいだろう。
 連休が終わる頃ならスカスカの下りをゆうゆう帰宅する。
 私は田舎で働いて都会の故郷へ戻っていくサラリーマンだ。
 
 リーマンでなくてもいい、そんな時勢に逆行するライフスタイルを楽しんでいる男。
 
 給料は安いだろうが田舎だ、それなりに生活はできている。
 
 土日は働いている。
 もちろん連休はかき入れ時だ、猛烈に働く。
 
 で、平日の火曜水曜を泊まりがけで都心にやっていくる。
 月曜は博物館美術館の休館が多いから避ける。
 水曜も民間施設の休館が多いから同様だ。
 
 で、火曜水曜。
  
 どこから這い出てくるのか、あの車列のうっとうしさが消えている。
 田舎のあぜ道のように、都会の路地裏はのんびりしている、眠っている。
 田舎と変わりはない。
 
 商店街は不気味なぐらい、人影がない。
 死んだようだ。
 田舎にはまだ新緑が広がっているが、ここは錆びたシャッター。
 
 小一時間も歩いていると、切なくなってくる。
 
 すれ違った元気な一団があった。
 田舎から都心見物にやってきたおばさんたちだ。

「お兄さん、安くて美味しい中華屋知らないかい」
 マス目の印刷してある手帳のメモ欄に地図を書いて渡した。 
「お兄さんありがとうね」

 どうみたっておじいさんだ。
 やさしい。
 お兄さんて言われてうれしかった。

 気分が良くなって、夢想を閉じた。
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT