文学座「 青べか物語 」、消えてしまった原風景に立ち上る幻影のように
2017-05-25 Thu 09:47
 前後左右にゆれている。

 身体がゆれていた。

 脳の半分か、三分の二か。
 それが眠りこけている。
 うかつに座ったりすると、睡魔に吸い込まれてしまう。

 時差ぼけをかわしながら信濃町に着いた頃には「ぼけ」もだいぶおさまっていたが、観劇する体調ではないと思われた。

 文学座に興味はなかった。
 山本周五郎が好きだから、
文学座創立80周年記念・文学座5月アトリエの会「 青べか物語 」(戌井昭人脚色、所奏演出)の観劇に出かけた。

 舞台はアトリエだ。
 中央の渡りが舞台で、客席はそれを囲むように左右に分たれている。
 だから舞台は右から左へ、左から右という制約の中で組み立てられている。

 それが動態を生んだ。
 躍動感があった。
 もしかするとチンプな言い回しだが「生命力」のようなものが表現されていたのかも知れない。

 で、原作にもどってみる。
 青べか物語の描かれた背景を脚本家、演出家、それにぼくにしたって理解しているわけではない。
 タイトルに「べか」と山本周五郎が選んだのだから、と想像力をめぐらすぐらいしか実はやりようがない。

「べか舟というのは一人乗りの平底舟で、多く貝や海苔採りに使われ、笹の葉のような軽快な形をして」(新潮文庫、頁20)とある。
 一人乗りのべか舟だ、自分でこぎ出し一日精を出して貝や海苔採りしてどれほど稼げたか。
 この一文で貧しさを認識せよというのはムリがあるだろうが、とにかくその日の暮しを立てるのがカツカツの貧しい生産性であることは分かる。

 ぼくたちはそうした貧しさというのを実感したことがないし、知らない。

 だからだろう、どう描き出そうが上っ面なのである。
 原作を読んでも、そうした欠陥は決定的に引きずる。
 それはほぼ致命傷である事態なんだと思う。

 だからそれはもう原風景を失った者、時代が抱く幻影でしかない。

 で、
「砂は生きている。だから死ぬ」
「人はなんによって生くるか!」
とまくしたてられても、みごとにアブストラクトで、指のあいだから砂がこぼれていく。

 その生き様を人情、猥雑(わいざつ)、狡猾(こうかつ)、無神経、しかして生命力の発露といわれても首を傾げる。
 それは失われた原風景にしか育たない、何かであった。

 おさいちゃん役の下池沙知(しもいけ さち)がよかった。
 彼女にはアクチュアリティーがあった。
 女の直線的、直感的なactioがあった。

 ぼくの脳髄はべか舟でゆられ酔ったように、ぼけが最後まで抜けない。
 山本にとっては実感であったものが、空想的なのだ。
 時差ぼけは幸いした。

スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
バルセロナのテラスからみたヒマラヤ山脈?
2017-05-24 Wed 04:11
 半月に及ぶスペインのパックツアーも終わりに近づいていた。
 あっけないほど早く終わりが迫っていて、何か物足りない気分がぼくにはあった。
 バルセロナのホテルのカフェテリア、奥のテラスにそった四人掛けのテーブルに三人で座っていた。

「ヒマラヤに行った時のことなのね」
 Kさんが少女言葉で話しはじめた。最初のころは戸惑ったが、少女がそのまま大人になったような、かわいげのあるひとだ。
「八十半ばのおかさんは一人参加で、ホテルから一歩も出ないの。パックツアーに組み込まれた小旅行には一度も参加しないで、毎日ホテルで一人ヒマラヤの景色を観ているだけなのね。
 私たちが帰ってくるのを待ち受けている姿が印象的でなにが楽しいのかなーなんて思っていたのね。
 ツァー最後の夕食の日だったわ。手作りしたお手玉を一人一人に手渡してくれたの。私の旅行の中で一番大事な思い出になっているのよ」

 せっかくのパックツアーだから、お膳立てされた名所巡りをパスするのはもったない。
 ぼくのさもしい旅行観はあっさり、やんわり打ち消された。
 ぼくにも若い人や刻々かわる景色を楽しむ、一人旅行の日が来るのだろうか。

 シルクロードへ行ったときのことを思い出した。
 Kさんのお話の主人公と同年配のおかあさんが一人参加していた。
 いつもリックを背負っていた。

 彼女は自分の体調を考えてだろう、いくどか大型バスから見学先へ降り立つことなく、旅をつづけていた。

 Kさんのご主人ははなからパック旅行には関心を示さないそうだ。
 ハワイかどこかで何もしないのを旅の新骨頂と考えているらしい。
 彼こそ旅の達人かも知れない。

 今回もそうだが、ぼくたちの旅は毎日二万歩近く歩いた。
 万歩計を見るたびうんざりしていた。
 添乗員は早足で先導するから、見失ってはいけないから、必死で歩いた。

 疲労はずいぶんたまっていたのだけれど、かえって足腰が鍛えられた気がする。
 これは効果的なウォーキングだと感じている。

 で、ぼくは今どっち付かずの心境にあるわけだ。
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
晩春、旅装整う
2017-05-06 Sat 08:43
 先月一回忌の法要でしたのに、本日は母の祥月命日。
 二キロ半の道程は人も車もまばらの早朝お墓参り。
 風も凪いでいてお線香がけむる。

 短い一年だった。

 あさってはスペイン。
 ツアーの同行者は十七名。
 ゴールデンウィークのけん騒をさけるのだから、たぶんご同輩だろう。

 添乗員さんから「男性七人、女性十人」とのこと。

 小松茂美『利休の死』は読みおえた。
 飛行機は間がもたないから、文庫本と新書判を二三冊携行する。
 帰ってから文学座『青べか物語』の観劇にいくから山本周五郎一冊。

 友人と渋谷のブラッセリー クール (brasserie Coeur) でランチ。
 夜に行ったことがない。
 帰ってからの楽しみ。



 友人からいただいた、こしあぶら、筍。
 こしあぶらご飯、筍煮物の夕げ。

IMG_1346.jpg
 
 好き嫌いがない。
 どこでも順応する。
 寄る年波だけが心配、体調を崩さないよう気をつけよう。
 
 春蘭が咲きほこっている。

IMG_1354.jpg
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
初学者にやさしい戸栗美術館には学びのツールが一杯
2017-05-05 Fri 10:44
 同じ陶磁であるのですが、前日は見ることのできなった所が今日は見えています。
 (見えてきたように思えます。)
 連休の三日、四日とつづけて『開館30周年記念特別展 柿右衛門展』を訪れたのは、初学者にはいい勉強になりました。

 展示の深い意図は分かりませんが、二つの作品をくらべて観ることができます。
「開館30周年記念特別展 柿右衛門展 出展品リスト」から、双璧された製品を取りあげます。

74 色絵 甕割人物文 八角皿 
75 色絵 甕割人物文 八角皿 

 前者が伊万里(柿右衛門様式) 江戸時代・17世紀後半、後者がドイツ・マイセン窯・18世紀前半の製品でマイセン窯が前者(柿右衛門様式)を写したものです。

 会場で配布されている「展示解説シート 解説分類:古伊万里色絵」はA4の裏表に解説が付されたものですが、ポイントが簡略に示され、初学者の展示物を観る目もいっそう深まるよう工夫されています。
 ひとつひとつ読み解きながら、二つの製品を見比べてみようと鑑賞の焦点をしぼった二日目の課題です。

「初代柿右衛門が赤絵の焼成に成功し、1647(正保4)年には、製品を長崎で売ったといいます。」
「オランダ東インド会社による海外輸出事業は1659年以降に本格化し、これに伴って西洋の需要に合わせた絵付け、器形の製品が生産されてきます。」

 前者がヨーロッパに輸出される背景はこうです。
 明朝から清朝への王朝交代期の内乱、その後中国を治めることになった清朝による貿易制限のため、17世紀には中国製品の輸出がストップし、東インド会社はその代用品として肥前磁器を輸入するようになります。
 初期伊万里は景徳鎮の古染付を写し(手本に)、新生染付磁器を製造の中心におくようになります。
 矢部良明『日本陶磁の一万二千年』(平凡社・1994/01)は次のように記しています。

“開窯当初から世界最大の窯場、景徳鎮窯を手本として製品をつくる。ちなみにオランダ東印度会社の実務記録をハーグ市の国立公文書館に尋ねると、寛永十四年(一六三七)には中国商船だけで一年間に七五万個もの中国陶磁を日本へ運び込んでいることを記録している。(中略)伊万里焼の成長期はまた中国陶磁の大量輸入期であり、日本の需要はその両者を併呑してしまっていたようだ。”

 さらに俯瞰を拡大してみましょう。
 当時造船技術で世界をリードしていたのはオランダ人でした。
 カール・シュミット『陸と海と 世界史的一考察』(慈学社出版・2006/11)は次のように述べています。

“それは横帆のあるボートで、古い帆船のようにただ追い風を受けて走るという単純なものでなく、風を横から受けて帆走し、従来の帆とはまったくちがったやり方で風を利用することのできるものであった。(中略)「中世の航海術は壊滅的に崩壊する」と舟型発展史の研究家ベルトハルト・ハーケドルンはこの事件について述べている。これは陸と海の関係の歴史における真の転回点である。”

 グローバル化の始まりです。
 17世紀初頭、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)は世界初の株式会社といわれるオランダ東インド会社を設立し、1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島出島のもと、1641年から1859年まで対オランダ貿易が行われます。
 背景を知ることで、初学者の気持は空想へと導かれます。

 さて、「展示解説シート」にはつづいてこう記されています。
「中でも中国・明時代の北京赤絵を手本とする「地紋つぶし」や「窓絵」の構図から、柿右衛門様式への芽生えが窺えます。」
 同館の学芸の小部屋「2015年3月号 司馬光甕割図」に前者の画題について記されています。

“主題となるのは中国の故事「司馬光甕割」の図。北宋の政治家・司馬光の幼い頃の次のようなエピソードが元となっています。「司馬光が幼い頃、友人と遊んでいたら、その内の1人が誤って大きな水甕に落ちてしまった。その場にいた多くの子供たちが事態に驚いて走り逃げてしまう中で、司馬光は石を投げて甕を割った。水が流れ出て、甕に落ちた子供は命を救われた。」大切な甕よりも友人を慮り、咄嗟の判断で命を救った幼き司馬光の冷静さをあらわすと共に、いつの世も変わらぬ命の大切さを伝えてくれる逸話として広く知られ、江戸時代においても、陶磁器、絵画はもちろん、日光東照宮・陽明門に施された彫刻や小袖の雛形本などに画題として採用されたことが確認されています。”

 また、後者の由来については同館の学芸の小部屋「2017年4月号 第1回:マイセンにみる柿右衛門様式」の解説からたどることができます。
“少し遅れて東洋陶磁器の魅力の虜になったザクゼン候アウグスト強王(1670〜1733)は、蒐集当時既に生産が下火になり、入手が困難となっていた柿右衛門様式の伊万里焼をとくに愛好しました。彼は錬金術師であるベドガー(1682〜1719)に命じて磁器の製造技術を研究させ、1709年、ベドガーは白磁磁器の焼成に成功したとの報告書を提出します。これを受けて1710年にはマイセンのアルブレヒッツブルク城に磁器工場を設け、西欧初の白磁磁器の生産がはじまるのです。その後、1720年 にウィーンからマイセンへ招聘された絵付師ヘロルト(1696〜1775)によって色絵の技術が確立され、中国の五彩磁器や古伊万里の模倣品が多量に製作できるようになりました。”

 この二つを比較して次のように述べています。
 一部分の引用です。
 (詳細はネットで見ることができます。)
“また、作品の印象を決定づける大きな要素として、人物の顔の表現が挙げられます。伊万里焼のものは石を投げる人物や甕に落ちた子供を助けようとする人物の表情に感情が見て取れ、子供は眉をハの字にして、助けられたことに対する安堵の表情が窺えます。対して、マイセンに描かれた人物は表情が読みとれず、甕に落ちた子供もかろうじて表情をつくってはいるものの、決まった感情を表しているようには見えません。このことから、伊万里焼の「色絵 甕割人物文 八角皿」にみえる人物の感情がマイセンには見られず、単純に引目鉤鼻の東洋的な顔を表現しているようにみえます。 ”

 戸栗美術館は初学者にやさしい美術館です。
 ただ展示するだけの美術館・博物館が横行する中、初学者であっても少しでも深く鑑賞できるよう、配慮のいきとどいた美術館です。

〈パンフ・シート類〉
・出展品リスト
・展示解説シート
・パネル展示資料
・展示会概要チラシ
〈学芸員等による展示解説〉
・展示解説 毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日
・フリートークデー 毎月第4月曜日
・特別企画
〈ネット〉
・学芸の小部屋
・とぐりのぶろぐ 戸栗美術館公式ブログ
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
縦にひろがる花畑、都市型住宅パティオの手法
2017-05-01 Mon 07:11
 玄関先ハナミズキのピンクがうすらぎ、木香薔薇が満開になった。
 紫蘭(シラン)が開花しはじめていた。
 今年は春蘭(シュンラン)を観ていない、枯れてしまったか。

 もう車はのらないのだから、玄関先につづく駐車スペースを庭にかえていいかも知れない。

縦にひろがる花畑1

縦にひろがる花畑2

 連休明けのスペイン旅行で訪れるコルドバのパティオ祭りは参考になりそうだ。
 一足先に「知られざるスペイン文化を体験 花が溢れる華麗なパティオ祭り」をBSでみたが、中庭を囲む壁に鉢植えを吊している。
 中庭はテラスとしてつかっているようだ。

 この手法で駐車場をパティオ風につくりかえることができそうだ。

 都市で失われた「土」がよみがえる。

 連休もふだんの生活とかわりはないが、旅の支度を急がないといけない。
 モノではなく、知恵を仕入れるための。

別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT