FC2ブログ
 
十代と七十代、ITリテラシーのギャップは埋まらないの?
2020-05-29 Fri 10:57
 ミレニアル世代の後継をZ世代と言うらしい。
 物心ついた頃にはパソコンも、スマートフォンも、SNSも普及していて、ITリテラシーが他の世代より格段に高い世代とされる。
 我々七十代、団塊世代でパソコンをいじっている人は極めて少ない。

「パソコンも、スマートフォンも、SNSも」ない時代に誕生したからだ。

 しかし、幸運に恵まれれば、そうした恩恵を取り残すことはない。

 初めてパソコンを手にしたのは昭和の時代だ。
 たぶん39か、40歳の頃。
 CADを動かすために購入したのが、PC-98XL2、だった。

 価格は100万円をわずかに切った数字であったことを覚えている。

 高かった !!!

 98[キュウハチ]では物足らず、CAD以外ではもっぱらMacintosh SEで遊んだ。
 わずかな負荷で爆弾マークが出て、フリーズしてしまう。
 そんなやわなマックが可愛くてたまらない。

 記録媒体はフロッピーディスク、256KBいや128だったか。

 パソコンを設計で使うことに抵抗はなかった。
 個人的な経験がモノを言って、敷居が低かったからだ。
 CADは、分厚いマニュアル本を読み込み、A4二枚にまとめ、操作法要覧を作った。
 
 二週間ほどで自己流の使い方だが、どうにか図面をものにすることができた。

 コンピュータと出会ったのは、たまたま、しかし幸運であったであったと思う。
 一生の宝だから。

 二十代前半の頃、労組の合理化対策を担当することになった。
 当時IBM機を使っていたが、富士通のマシーンへの変更が提案された。
 ところがコンピュータのことなど皆目わからない。

 文系の弱点を突かれ冷や汗ものであった。
 仕方なく、コンピュータ問題研究会を立ち上げたのがすべての始まりとなった。
 まずは岩波新書の坂井利之『電子計算機 コンピュータ時代と人間』をテキストに、一からお勉強。

 これからの経済社会を動かす原動力であると、さすがに直感したものである。

 文系出身者が理系の仕事をするために転身したのは、コンピュータとの出会いが大きいと思う。
 コンピュータを駆使する仕事をしてみたかった。
 動機はそんなところである。

 SNSは最小限しか使わない。
 スマホに実権を握られないよう警戒している。
 時代が世代を画すのは否めない。

 アプリconceptsを使うため求めたiPadはまだ使い切れていない。
 いずれ使いこなしたいと思うが、新しいものへの挑戦には年々困難を感じるようになった。
 しかしこれは老化であって、弱者世代の問題ではない。
スポンサーサイト



別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「新型・コロナ・ウイルス」とは?
2020-02-02 Sun 11:49
 連日「新型コロナウイルス」のニュースが報道されています。
 報道が積み重なってくるにしたがい、基本的な知識が不足していることに気付かされます。
 ほとんどの疑問はニュースが消えるのといっしょに消えてしまいますが、時間があればググります。
 
 今回は以下のような疑問=質問が頭に浮かんできました。

 1.「新型」が発見されたのだから、旧型の歴史があった。それを知れば「新型」の意味が分かるかも知れない。
 2.コロナウイルスって、ウイルスに「コロナ」の冠がついているのだから、何か特徴があるだろうか。
 3.そもそも「ウイルス」って名称を聞き流していて、細菌とどう違うのかも知らない。

 ざっくりとつかめばいいのです。 
 とりわけ国立感染症研究所「コロナウイルスとは」は基礎的で、役立つ情報です。

 コロナウイルスとは
 
「ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。」
「ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。」

 重症肺炎ウイルス2種類はサーズとマーズです。
 ・重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)
 ・中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)

 ですから、「新型コロナウイルス」は重症肺炎ウイルス2種類に新たに加わった(発生した)わけです。

「電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起が見られる。形態が王冠“crown”に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する“corona”という名前が付けられた。」

 さて、第三の疑問は、ウイルスは「生物か非生物か」「生物と無生物の中間に位置する」・・・等等。
 ググるだけでは理解できません。
「本腰を入れて学習」しないと迫っていけませんが、ざっくりとつかむ目的は果たせました。
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
知的好奇心がネットから悪貨を駆逐する
2020-01-27 Mon 10:26
 格言「悪貨が良貨を駆逐する」が目につく事象といえば、ネット世界(社会)だろう。

 フェイク、ヘイトがあふれている。
 
 気になった時期もあるが、やり過ごす。
 その時にしか「価値」のない情報だから、短命で、長い目で見れば影響力は低い。
 いずれ泡のように消えていく。
 
 泡とたわむれ、時間を浪費しするのも、一時と済ませないといけないだろう。

 悪貨にもてあそばれ、命を磨耗するのは余りにつまらない。

 1,999年からGoogleを使い始め、今もネットの中心に置いているのは「ググる」だ。
 腰痛が和らいで、一番の楽しみが戻ってきた。
 知的好奇心だけが、悪貨を駆逐すると思っている。
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
データ管理手帳は縮尺50%の図表スクラップ帳
2019-11-30 Sat 08:52
 スクラップをしなくなったのは、1,999年だったと明確に記憶している。
 記憶の根拠は、この年からGoogleを使うようになったからだ。
 世界中から情報検索できるのだから、スクラップを無駄と感じ、止めた。

 スクラップを知らない世代には、地道でアナログな作業を過去の遺物だと思うだろう。

 そもそも新聞や雑誌を切り抜き、スクラップ帳に貼り付けることを思い付き、想像することはあるまい。

 そのスクラップを昨年から再開した。
 書庫をたちまちのうちに占拠してしまうスクラップの容積を思い出すだけでうんざりする。
 なのに復活させた。
 
 現在のスクラップ帖は小型手帳だ。
 本体サイズは156×91mm。
 データ管理手帳と位置付けている。

 人生管理手帳と対で使っている。

 newsはnewだから、ニューズになる。
 それを蒐集した昆虫のように、貼り付けて何をしようと言うのか?

 枢要と感じた図表を50%縮尺して貼り付けている。
 それは後々一目で入ってくる。
 一瞬にデータの要約が目に飛び込んでくる。

 自分が関心を持った情報だからだ。

 手帳の全ページに目を通しても数分とかからない。

 目の前をただただ通過していく情報群。
 それは瞬時に消えていく。
 現代人は、もはや管理しようのない情報の奔流に流されるだけになっている。

 自分が興味をもった図表から正確な事実を受け止めることができる。

 誰の情報でもない。
 情報の奔流から自分の感性でつかみ出した記憶[図表]をスクラップするのだ。
 自分が何に惹かれ、関心を持っているか。

 三年目になった。
 データの方から自分の関心事が解明されていくのは不思議な感覚である。

データ管理手帳クラップ
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
iMac、iPhone、iPad+アナログ手帳
2019-11-12 Tue 09:26
 iPad第7世代が届いた。
 手元のiPhoneを近づけたら、自動的に同期をはじめ初期設定は手間いらずだ。
 これでiMac、iPhone、iPadが一体で機能する。

 で、便利ではあるが、根本的な欠陥は抱えたままだ、Macintoshに限らないが。

 デジタル・データはインターネットを介してリンクされている。
 リンクをヒモに例えれば、それを手繰っていけば、データにたどり着く。
 検索にGoogleを使いはじめたのは1,999年、以来このスタイルは変わっていない。

 しかし20年間使い続け、ある欠陥に悩まされてきたのも事実だ。

 iMac、iPhone、iPad、いずれもデータはスクロールしながら読み込んでいく。
 ウインドウ上の文字や図表を、上下または左右に動かしながら表示していく。

 not at a glance.
 
 一見して全てが見通せないのである。
 
 アナログの手帳が手放せない。
 自分にとって必要な情報が一覧できるからだ。
 at a glance.

 以前、「老後生活の必需品、手帳が二冊」にも書いた。
 人生管理手帳とデータ管理手帳の二冊を持っている。
 一瞬で情報を俯瞰できるからだ。

 一覧性の欠如。
 この欠陥を補うのが二冊の手帳である。
 
 iMac、iPhone、iPadが進化すればするほど、ますますアナログも手放せなくなる。

データ監理手帳ままま
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT