FC2ブログ
 
桜の下にたかる人たち
2019-11-21 Thu 08:44
 安倍政権に関わる全ての不祥事は一元的に管理され、全ての指令が一箇所から出されています。
 内閣官房です。
 内閣官房長官 菅 義偉(すが よしひで)が安倍内閣官房の中枢で、指揮をとっています。

 安倍政権の犯した「機密」事項、全ての危機管理を担います。

 なぜって、内閣官房は内閣法に基づき、内閣の補助機関であるとともに、内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援する機関だからです。

 後始末屋です。

 で、政権に関わる不祥事、不始末が発生すると、内閣官房はフル回転です。
 しかも、対処法にみられるパターンは一緒です。
 呆れるほどワンパターンです。

 野党の要求当日、即刻「桜を見る会」公文書はシュレッダー廃棄です。
 まずは公文書がこの世から消えて無くなる。
 今回は森友のような改ざんと違い、後腐れがありません。

 役人が勝手にやったか。
 指示する権限と組織を握った者が指揮しているだけのことです。

 次のマスメディア対策もパターン化されています。
 著名芸能人の薬物疑惑による逮捕状の執行です。
 ワイドショーは一斉にそちらに流れます。

 ただし今回はよほど逮捕を焦ったのか、沢尻エリカ容疑者(33)に対する尿の本鑑定は陰性という失態を演じています。
 
 そして国会封殺です。
 多勢に無勢、委員会を徹底して開かない、開かせない。
 そうしておいて、野党を封じ込め、マスメディア鎮静化の時間稼ぎをする。

 追求が不十分である責任は与党、安倍を追い詰めることができない野党にあるというシナリオ、論理に持ち込みます。

 桜の下にたかる民がいます。
 この人たちが安倍政権を支えています。
 国に対する功労・功績がないことを知りながら、嬉々として芸能人コーナーに群がり、内閣総理大臣が主催する遊園会気分をかすめ取ろうとする輩です。
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
スーパーマリオになった安倍総理
2019-11-18 Mon 10:33
 この人の不幸は、政策の空虚を隠すための傲岸な演説に現れています。
 一部の国民には自信の表れと見えたようですが、中身がないのです。
 この人は何も残せないまま消えて行くのだろうと思います。

 アベノミクスを批判するのもバカバカしくなります。
 大会社と富裕層が一層豊かになりました。
 ごくふつうの国民は恩恵を受けていません。

 アベノミクスの中身は、それだけのことです。

 黒田日銀がこの政権の原動力を担いましたが、さらに積み上げた国家の借財が何を引き起こすか。
 引退した後に怨嗟の嵐が待ち受けていることでしょう。

 この政権が掲げた、いの一番が拉致被害者の救済です。
 何をやったのか。
 全く見えません。

 待ちぼうけを食らい、政治利用されたのは被害者家族です。

 英語民間試験は格差社会を正確に反映した制度であったため、あわてて取消ました。

 リオでスーパーマリオに扮装した安倍さん。
 ひたすらスーパーキノコを求めて駆けずり回ってきたように見えます。
 最後に彼がつかんだキノコがあります。

 SPと秘書団をしたがえ、桜の会場を走り回る総理。
 会場に群がっていた支持者、お友達の笑顔。
 それ以外に彼をスーパーにするキノコなどなかったのです。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ホテルニューオータニM氏証人喚問が鍵だ
2019-11-16 Sat 06:14
 それは唐突な記者会見だった。
 首相のぶら下がり取材および会見は、15日昼と午後6時20分過ぎの二度にわたった。

 その間のテレビは統制のとれた沈黙にあった。
 朝昼のワイドショーからは「桜を見る会」を突っ込む報道は控えられた。

 一昨日まで「桜を見る会」で吠えていたMCが口をつぐんでいる。
 いや番組から「ニュース」としては外されていれば、MCは余分な「事件」に口をはさむことはできないであろう。

 ニュースは五万とある。 
 どれを、何を報道するか、ニュース選択こそジャーナリストの生命線だ。
 MCに選択権があるというのは視聴者の錯覚だろう。

 上層が決めている(のであろう)。

 報道の自由だ。
 報道することも、しないことも自由だ。
 国民の一番の関心事を見事に「外していまう」ジャーナリズムとはなんだろう。

 二度目の会見を受け、各局は一斉にインタビューを中心とした映像を流した。
 その内報道ステーションは安倍会見を受けて、以下の通り報道している。


【報ステ】『桜を見る会』疑惑 総理が異例の釈明(19/11/15)

 最大の焦点は「桜を見る会 前夜祭」だ。
 舞台はホテルニューオオタニ 鶴の間である。
 総面積2,452㎡という広大な空間で、国際会議をはじめとした大型行事が催される。

 当日、最新テクノロジーを駆使した光と音がシャンソン歌手を照らしていた。

 ポイントを箇条書きしよう。

 1.会費は会場受付の安倍事務所職員が集金した。
 2.5000円を安倍事務所職員に支払い、ホテルニューオータニ発行の5000円領収書を受け取った。
 3.集められた会費は安倍事務所職員が取りまとめ、ホテル側に一括支払った。

 詳細は明らかではないが、ざっくりパーティーの概要はつかめる。
 ポイントを頭に置きながら、不自然な流れを検証してみよう。

 ホテルニューオータニ鶴の間が貸し切られた。
 酒がふるまわれ、立食のバイキングが用意され、久兵衛のお寿司も出たという。
 会場ではシャンソン歌手が歌った。

 で、会費五〇〇〇円也。

 会費はパーティーの前に支払われている。
 安倍首相の説明によると、集めた会費でホテル側に「全額」支払ったことになっている。

 飲み食いである。
 少ない時も、多い時もあるだろう。
 主催者として最も注意しなければならないことは、飲食が不足することだ。

「酒がない、食い物が足らない」ではパーティーは台無しになる。

 酒が進めはオーダーも増える。
 初めから「全額」すなわちパーティー費用総額がわかるはずがないのである。
 通常は、追加分を加えて精算する。

 ホテルニューオータニは太っ腹。

 であるから、次になんで受付で確定した5000円会費と、領収書が発行できたか、という疑問がわいてくる。
 ポイントの2をめぐる疑問点である。
「5000円を安倍事務所職員に支払い、ホテルニューオータニ発行の5000円領収書を受け取った。」

 そして第三のポイントと以下の通り結びつく。
「集められた会費は安倍事務所職員が取りまとめ、ホテル側に一括支払った。」

 ここがもっとも不自然な点だ。

 会費をわざわざ、安倍事務所職員が取りまとめ、ホテルニューオータニに一括支払いする必要などないからである。
 なぜなら会費で前述したように変動するはずの「総額」をまかなえたと言うのであるから、会員が一人一人直接ホテルニューオータニに会費を支払えば済むからである。
 安倍事務所職員が介在する必要など全くないのである。
 
 総額が確定していないから、いったん安倍事務所職員が「会費」を受け取りる形式を整えたと考えるのが自然であろう。
 追加はいくらだったか。

 誰が差額を支払ったか。
 誰が差額を受け取ったか。

 安倍事務所は外形上、公職選挙法に抵触しないように見せかけている。

 オテルニューオータニも責任は免れない。
 どう言う会計処理をしたか。
 消費税等税金はどう処理したか。

 回答によっては、背任罪にも問われるだろう。

 不自然な流れは隠しようもないのである。

 ホテルニューオータニM氏の証人喚問が安倍政権の瓦解の第一歩である。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ワイドショーから「桜を見る会」報道が消えた、安倍暗黒政治極まる
2019-11-15 Fri 14:06
安倍暗黒政治

 朝、どこのワイドショーも「桜を見る会」問題を取り上げていない。
 
 午前10時25分、チャンネルをTBSに回すと、上部に字幕が出ていた。
「ひるおび![字] 桜を見る会 “前夜祭” 回避問題を野党が追求本格化へ」


 期待した。
 放送時間210分。
 いつまでたっても「桜を見る会」問題が出て来ない。

 午後1時55分には「ひるおび!」が終わってしまう。

 チャンネルを戻すたびに現れる、字幕は不変だった。
「ひるおび![字] 桜を見る会 “前夜祭” 回避問題を野党が追求本格化へ」

 しかし桜を見る会 “前夜祭” 回避問題はついに取り上げられることはなかった。
 テロップだけが虚しく浮かんでいた。

 終了直前にニュースが流された。
 安倍首相が映し出された。
「国会から求められれば説明する」
 
 報道の自由だ。
 報道することも、しないことも自由だ。
 国民の一番の関心事を見事に「外していまう」ジャーナリズムとはなんだろう。

 何も伝えない画面に、安倍暗黒政治の影を感じた。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
桜疑獄、為政者が国民を分別する
2019-11-14 Thu 08:59
 国民が分別される。

 桜の季節に新宿御苑へ行く。
 入口で酒を持ち込んでいないか、カバンの中まで調べられる。

「桜を見る会」は特権なんだろう、升酒を振舞われている。
 国に功労功績がある人が選ばれているなら、腹は立たない。
 総理と自民党議員の支持者である後援会メンバーが入り込んでいるのが納得がいかないのである。

 国民が支持政党によって分別されるからだ。

 タレントという括りの一団が総理に媚を売っている。
 媚は国への功労功績ではない。
 為政者にへつらう芸人根性も醜いものだが、色物をはべらして賑やかを演出するのは品がなさすぎる。

 それで来年は「桜を見る会」を中止するという。
 で、以降は問題が悪臭を放つことはなくなる、という寸法である。
 権力者に返り咲いた安倍は巧妙だし、やることがすばやい。

 しかし悪臭がこのまま消え去るだろうか。

 こういうことが露見するのは、為政者が腐敗しているからだ。
 権力は腐敗する。
 早晩安倍長期政権は各所で悪臭を放ちながら、朽ちていく。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT