FC2ブログ
 
臨時テロップで就任大臣をフラッシュバック、1日当たりコロナ新感染者30万人は黙殺
2020-09-16 Wed 18:26
 腐ったマスメディアが腐った社会をつくる。
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
一票も行使できない100万自民党員、腐った民主主義
2020-09-01 Tue 09:18
 菅氏の人物像、人となりがダラダラと流されている。
 彼はかって一度でも自らが目指す理想を語ったことがあるか。
 彼の国家観、理念こそ正すべきマスメディアはただの芸能週刊誌に堕している。

 100万人を超える自民党員には一票の行使も与えられないのか。

 何も変わらない。
 一度も理想を語ったことのない政治家が日本国のリーダーに選出されるらしい。
 この超安定に浸かっていると、世界は静止して見える。

 この国は一ミリも進化できない。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
菅総裁候補コロナ対策「夜の街を風営法で警察立入」時代錯誤の政治家
2020-08-31 Mon 10:38


「アナクロ」とか「アナクロニズム」と言っても通じないだろう。
 anachronismとは時代錯誤のことである。
 語源はana(反対)とkhronos(時間)に由来すると言われている。

 YouTubeを見てほしい。

「政府が風営法に基づく警察の立ち入り調査」を是とする菅自民党総裁候補の発想(思考)は、戦前の特高警察に等しい。
 
 つまりはアナクロである。
 戦前特高警察と変わらない国家観、時代錯誤。
 政界仕掛け人二階幹事長の策動で、お手盛りの「党大会に代わる両院議員総会」によって事実上の日本国リーダーに選出されるとしたら、国家国民の悲劇だ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
安倍政権崩壊からアベノカオスへ
2020-08-24 Mon 21:44
 大言壮語に酔いしれていたいなら、第二次安倍政権8年間の決算書(総括)は要らない。
 安倍退陣が迫っているから、国民自らが総括する必要がある。
 安倍政権だけを槍玉にあげても何も生まない。

 この日本国の莫大な「債務超過」は国民一人一人が背負っていくしかない。
 
 1.「戦後外交の総決算」
 拉致問題は横田早紀江さんの悲痛な叫び「何年たってもめぐみを必ず取り戻すため頑張っていきたい」を残し霧消するか。
 北方領土は、戦争(血)であがなった領土を手放さない、ロシア・ナショナリズムの前に風前の灯である。

 2.アベノミクス[三本の矢]
 国の借金残高がいよいよ1100兆円を超す。
 異次元緩和以下一連の中央銀行政策によって、日本銀行は上場企業における筆頭株主資本主義の地位を日々固めている。
 しかし富裕層からは一滴もトリクルダウンの蜜は流れなかった。
 
 3.「地方創生」「一億総活躍」「全世代型社会保障」
 「三本の矢」に始まるスローガン(大言壮語)はどこへ消えてしまったか、もう誰にも見えない。
 地方創生をうたったふるさと納税は、GoToキャンペーンと同様に高額納税者(富裕層)に最大の恩恵をもたらし、もたらそうとしている。
 世界危機の中、いまだにオリンピック開催の旗を下ろせないのは、「決められない政治」批判で誕生した安倍政権の皮肉だろうか。

 新型コロナ感染症は政治と行政の無能力をあからさまにした。
 しかしこれが日本国の実力だ。
 日本国の総括[バランスシート]から、この国を立て直すしかない。

 パンデミックは安倍政権の崩壊とともに、カオスの時代を呼び込む。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「休んでください総理」政権ぶん投げアゲインもありですよ
2020-08-18 Tue 19:05
 二度目になる政権ぶん投げがあっても驚かない。
 記者会見もできない、国会を招集しても論戦できる体力もない。
 首相官邸の“ぶら下がり”を歩く姿は病人だ。

 宰相の心身が消耗し、崩壊の姿がさらされているからか、さっさとやめてと突き放す気分にはならない。

 宰相同様に日本国もすっかり衰退したこともあからさまになった。
 コロナで政府の事務処理は一瞬にして麻痺状態に陥った。
 システムがグチャグチャであることも国民に知れ渡った。

 彼の揚げ足を取ってももはや無意味だ。 

 この国が衰退過程をたどり、それを認めることが今一番必要なことだ。

 イノベーション、生産性、成長戦略・・・大言壮語はやめにしよう。
 正面から衰退を直視しよう。
 この国の衰退はコロナ危機で一層早まった。

 早まっただけで、衰退が変わるわけではない。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT