FC2ブログ
 
かんぽ生命の契約問題、不適切?不正?犯罪でしょう
2019-07-12 Fri 13:17
 犯罪事例が次々と暴露されている。
 主として、
 ・有印私文書偽造犯罪事案(免許証、保険証、委任状等偽造)
 ・詐欺事案
である。

 1.組織ぐるみの犯罪である。
 2.高齢者を狙い撃ちにする点で、特殊詐欺と同等の悪質な犯罪である。

 これを「不適切」「不正」にすり替える事は許されない。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
年金が壊れると思うと薄ら笑いになるものだ
2019-06-21 Fri 09:33
 年金が壊れる。

 不都合なことだ。
 一時隠すしかないだろう。
 そのうち飽きて、感情もおさまって、一服するのではないか。

 そして、忘れてしまい、「安心」が戻ってくればいいのだが、そううまくいくだろうか。
 
 専門家に言わせると、年金は人生のリスクに備えるフルパッケージの保険だそうだ。
 ・老齢年金
 ・障害年金
 ・遺族年金

 人生全般に関わる制度だ、誰だって真剣になる。
 
 共産小池晃議員が「基礎年金は今より3割低下しますね?」と参議院財政金融委員会で聞いた。

 「算数弱いんでパッと割り算できないですが、その程度だと思います」と役人が薄ら笑いを浮かべ回答した。
 
 真っ先に三割下がるんだ、生活できるだろうか、と考えはじめた。
 一言のやりとりだけどグッと食い込んで来る。
  
 深刻さに凍りついている。
 頭に来る前に、パンチが痛い。
 怒りより痛い。
 
 だが、薄ら笑いの役人の顔は金輪際忘れない。

 クソ野郎だ。
 
 痛みが分からないのが、ソロバンはじいている。
 制度が死ななければ役人はそれに巣食って生きていける。
 制度は生かされ、生活は殺される。
 
 気づいたら、自分も薄ら笑いをしていた。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
AからDへ
2019-06-13 Thu 14:04
 報告書「高齢社会における資産形成・管理」は、すでに年金を受給している私たち老齢者に「呼びかけた」ものではないだろう。
 なぜって、参考として添付されている次の図表がこの報告書の要点を言い尽くしているからだ。

AからDへ図表
[クリックで拡大]

 参考資料はライフステージを三つの「季節」に分けている。
 1.現役期
 2.リタイヤ期前後
 3.高齢期
 
 3.の「季節」に位置する私たち老齢者(年金受給者)はすでに資産形成を終えている。
 その中には資産形成をできた人も、まあまあできた人も、できなった人もいる。
 決着がついているのである。
 
 今さら報告書「高齢社会における資産形成・管理」を突きつけられても、手の打ち様がないのである。

 その意味で誰に向けての報告書であるかが不明確であったことは致命的であった。
 国民一般ではなかったはずだ。 
 これから資産形成が可能な世代に向けて、と明確にしなければならなかった。
 
 さらに言うなら、報告書は、ライフステージを三つの季節にしたことで、課題の本質を見えにくくしてしまった。
 
 AからDへ。
 これが要点の要点である。 
 もっぱら資産を形成蓄積するアキュムレーション(Accumulation)期が先行し、もっぱら資産を引き出すデキュムレーション(Decumulation)期が訪れる。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
70で免許を捨てた、遅い?早い?
2019-06-07 Fri 11:01
70で免許を捨てた。
車を売った。
「運転に自信がなくなった?」

そんなものは18で免許を取った初からない。
年寄りだろうと若者だろうと、事故は起こすし、起きる。
たかだか時速4kmの人間が五十だ、百だと飛ばすのだ、起きて当たり前。

止められるものなら止めたほうがいい。
刃物を振り回しているとは思っていないだろうが、兇器に変わりはない。

乗るときはタクシーだ。
自分よりは確かな運転をするだろう。
それでも事故にはあう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「審判六四屠夫」
2019-06-04 Tue 09:18
6月3日、台北市、中正紀念堂でアジビラをもらった。
「摧毀中共暴政・審判六四屠夫・拒絶一国両制・保衛自由台湾」

・摧毀とは打倒の意味だ。

・屠夫とは人民を虐殺する者こと。

・六四とは天安門事件のことだ。1989年6月4日未明、中国人民解放軍は戦車でデモ隊の鎮圧を開始、この事件による死傷者は数百人から数万人に及ぶなど、複数の説があり、死者数は定かではない。中国共産党によって隠蔽されている。

・1979年元日、中国は台湾に「台湾同胞に告げる書」で平和統一を呼びかけた。本年1月2日、その40周年記念式典で習近平国家主席は演説し、「祖国統一は必須であり必然だ」とし、その上で一つの国家に異なる制度の存在を認める「一国二制度」の具体化に向けた政治対話を台湾側に迫った。
 台湾の蔡英文総屠夫統は同日即刻台北の総統府で談話を発表し、中国の習近平国家主席が演説で呼びかけた一国二制度について「台湾は絶対に受け入れない」と拒否した。

摧毀中共暴政
立て看板2
立て看板1
戦車模型
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT