二十六年間手入らずの家の秘密 その三
2017-06-13 Tue 11:11
「屋根材を支え、その勾配を決めているのが垂木(たるき)という部材だけど、言葉で説明するよりは、まずは写真を見てもらうのが早いかな。」



IMG_3088.jpg

「どこで撮ったの。」
「日月で奈良へ行った。修学旅行の復習みたいな、ありきたりのコースだけど、最初の一枚は法隆寺・夢殿の軒裏を撮った。鼻隠しがない。垂木の小口がむき出しで外気にさらされているのが分かると思う。もう一枚は泊まった旅館の軒先をベランダから写したもの。」

「鼻隠しがあるとないとでは何が違うの?」
「雨で垂木の先端がまっ先に腐食するものだから、俗にいう破風板(はふいた)、正確にいえば鼻隠し(はなかくし)という板で小口を隠す工夫がされている。面積で見ればわずかなものだけど、この部分が汚れてはげてくると、ずいぶんとみっともないものだ。」
「わずかっていわれてもイメージできないな。」
「巾が12㎝(0.12m)だとしてその全長が50mだとすれば、6㎡。一般の住宅はその程度だろうね。」

「屋根を見上げてまっ先に気になる部分だね。君の先代は鼻隠しにカラー鉄板を巻いていたね。」
「アパートが初めだったらしい。わずかな塗装作業のために足場を組まないといけないから、メンテが高いものにつくから、お施主様には重宝がられたらしいね。」
「ひと手間かければ後々メンテナンスに苦労が少なくなる。」

「防火性能を考えて石綿板に塗装がごく普通の仕様かもしれないが、そこがまっ先にはげてくるから、家自体がみすぼらしくみえてしまう。」
「これもポイントの一つだね。」
「そう、外壁はサイディングになってから耐久性が向上したから、先に鼻隠しがやられてしまう。ひと手間かければ節約になるし、後々見栄えが違う。」

「どうして手を抜くのかな。」
「積算したとおりわずかな面積だから、建築費全体で見れば微々たるものなんだ。」
「でも、やらない。」
「・・・・・」
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
二十六年間手入らずの家の秘密 その二
2017-06-10 Sat 09:01
 友人Kの前回ブログに対する反応はいまいちでした。

二十六年間手入らずの家の秘密

「勾配をきつくすれば屋根の保ちがいいことは分かった。しかし屋根代三割アップだからな。」

 解説が足らなかったようです。
 彼との対話を再現しながら、もう少し突っ込んだ話をして見たいと思います。

「Kさ、屋根工事は建築費全体の何パーセントか分かるか。」
「分かるわけないだろう。」
「そこがウィークポイントになってるんだ!!」

「ところで屋根に特別な設備はあるかい?」
「樋ぐらいかな。」
「そうだろう。空調設備がいるわけでもないし、給排水工事や機器が設置されるわけでもない。」

「なにがいいたいのさ。」
「ずばりいうと、屋根工事は建築費全体の3パーセント、骨組みの工事を入れてもせいぜい5パーセントなんだ。」
「どういうこと。」

「仮に5パーセントとして、それが1.3倍になっても建築費全体に対する影響は1パーセントちょっとなんだ。」
「厳密に教えてほしいな。」
「残りの95%が変わらないとして、屋根工事だけが1.3倍になっても、6.5÷101.5=6.40%。増加した建築費全体で見ても、1.4パーセント増額するだけだ。」

「もう少し具体的にズバリ言ってほしいね。」
「3000万の総建築費だとする。その1.4%は、42万円だ。」
「うーん、微妙・・・」

「で、26年間屋根が手いらずだ。7〜10年毎にメンテナンスすることを考えたら安いと思わない。」
「安いと思うよ。でもさ、その数十万が痛いのよ。大きな買物だからな。」
「屋根の話は分かりやすいからとり上げたんだけど、この考え方を家全体に適用していったらどうだろう。」

「外装に後々手がかからないように、少しずつ工夫するっていいたいんだろう。分かりましたよ。」
「それは一つの例題にすぎない、もっと大事なことは総予算から考えてみることなんだ。」
「いきなり難しい話になったね。」

「自分の家を後々手のかからない、その目的を遂行するためのシステムだと考えてみることだ。」
「快適さと、利便性とか、おれの欲求は多いよ。」
「Kの要求はいったん押さえてみてくれよ。一つの目的に絞り込んで、まずはそれに手をつけてみることだ。」

「外気にさらされている表面、外装だね。人でいえば肌だ。この手当をしっかりやろう。屋根、外壁、サッシュ、破風、水切り、基礎かな。ここに重点的に予算を配分していく。」
「二十六年後なんて想像もできないからな。」
「だから目的をはっきりさせないと、後々手痛い目にあうことになるのさ。」

 Kとの話は長く満足のつづく、古びない、薄汚れない内装の話に移っていったが、それはまた後日。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
二十六年間手入らずの家の秘密
2017-06-08 Thu 13:40
 二十六年前(平成三年・1,991年)に建てた自邸の話、しかも自分の設計ですから、たぶんに我田引水の感はまぬがれないでしょう。
 一種自慢話のようで聞き苦しいかも知れませんが、これから自邸を建てようという方には多少役立つかもしれませんね。

 ポイントは、これまで二十六年間外装をメンテナンスしたことがなかった点です。
 
 外壁、屋根、その他外装に関わる箇所はいまだ補修いらずです。
 一度も手を入れたことがありません。
 必要ないからです。

 汚れた?
 いいえ、見苦しいとか、そろそろといった状態はまったく見当たりません。

 理由は専門的な説明や種々にわたると面倒なので略していえば、たとえば屋根は勾配をきつくして、水はけが良い構造にしています。
 雨水はすばやく樋へ流してやる、実に明快な原則です。
 「そんなことで屋根の保ちが違うの?」と思うでしょう。

 でも違うんです。

 ごくごく略していえば、そうした設計の一つひとつが二十六年手入らずの結果をもたらしています。
 二十六年たたないと実証できなかったのですから、作り手としては二十六年間の実験みたいなものです。
 内装も実はほとんど手を入れてませんが、薄汚れず、古びず、飽きず、しっかり生活を楽しんでいます。

 それらに触れるとブログで扱える文章量を超えますから、屋根に着目して解説いたします。

 一般的につかわれている屋根材コロニアル葺き(彩色したスレートのこと)の屋根は四寸勾配の傾斜でつくられているのが大部分です。
 雨のはけが悪いと、雨水に含まれた汚染物がスレートにしみ込んで、徐々に薄汚れ、防水機能も奪っていきます。

 では反対にどうして急勾配の屋根が少ないのか、考えてみましょう。
 ピタゴラスの定理をつかえば真相はあきらかになります。
 水平距離1m行って0.4m上がると0.4/1で、四寸勾配と称されています(mを尺にかえても同じですね)。

 で、四寸勾配だとピタゴラスの定理から、斜辺の長さは1.077mになります。
 自邸は、10寸勾配ですから、√2=1.414mです。
 斜辺が四寸勾配に比較して、31%増えますから、それに比例して屋根面積も増えます。

 屋根材だけではありません。
 屋根を支える骨組みもそれに比例します。
 工賃とか断熱材等々もろもろ三割アップいたします。

 建築費は大きな金額ですから、屋根にそれだけ配分するよりは、黙って一般の勾配で「支障なし」といたすわけです。
 二十六年後のことなど誰も考えていません。 
 ちなみに破風や水切りには腐食に強い亜鉛鉄板を使い、どこも痛んでいません。

 で、外装は今日まで手入らずであるわけです。

 ところが、今回はじめて外装面の一部にトラブルが生じました。
 雨戸の開け閉めがきらいだったこともあり、数カ所に電動シャッターをつかっています。
 この一つが動かなくなりました。

 二階の物干で使っているベランダの掃き出しで、不用心ですし、就寝するには外の灯りがジャマになって寝付けません。

 そこでメーカーであるトーヨーサッシ(LIXIL・リクシル)に修理を依頼しました。

 関心しました。
 電話番号一つでクライアントの情報がディスプレイ表示されるのでしょう、住所、氏名などという面倒なやり取りは一切ありません。
 使用している機種も登録されているようです。

 その後のやり取りもシステム化されていて、クライアントに負担がかからならない工夫がきっちりされていました。

 お約束の五時ぴったりに担当者が来て、さっそく点検そして補修工事です。
 その間約四十分でしょうか。
 点検の結果、故障箇所と保守方針と費用が告げられます。

 簡潔で、それでいてぞんざいでなく、申し分ない対応でした。

 「ステンレスベルトが切れシヤッターが動かなくなっています。」
 ああ、部品の発注で数週間先延びになるのかと思いきや、部品を積み込んでいて、すぐに交換工事に着手です。

 システムがしっかりしていると関心し、お支払いです。
 その前に電子機器の劣化状態の説明、その場合の新しい電子機器の説明が捕捉され、機械部分の今後の問題点も教えていただきました。
 スマホでしょうか、タブレットにサインするとワイヤレスで持参した小型のプリンターが領収書を印字。

 システム化されたLIXILのメンテナンス部門には関心いたしました。

 家もシステムと考えると、どこにお金をかけるのか、という問題は長寿住宅の大きな要件であることが見えてきます。

IMG_3003.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
形骸した保護者会に入り込んだ小児性愛者 千葉女児遺棄事件
2017-04-14 Fri 19:18
 千葉女児遺棄事件で逮捕された男は、保護者会会長であった。

 ペドフィリア(小児性愛)の問題は脇に置いておこう。

 問題の焦点をしぼってみたい。

 いまさらながら周囲の者から彼が「ロリコン」であったという証言が出てきているが、そういう性癖の男がなぜ保護者会会長になりえたのか。 

「やり手がいない」
「一度役についたらやめられなくなるからね・・・」
「やりたい人にやってもらえばいいでしょう」
「強制じゃないでしょう?」
「輪番制で責任を持ちましょうよ」
「一度やったのだから次に回してよ」
「率直にいってやりたくない」

 逮捕された渋谷恭正容疑者をどう「解剖」しようと、一定程度の割合で、ペドフィリアは存在するだろう。

 問題はこうした男が保護者会会長という彼ら(小児性愛者)にとって「絶好の地位」を占めてしまう現状だろう。

 この保護者会だけではない、こうした傾向は全国で見られる現象だろう。

 少なくとも今回の事件を予防できなかったのは、児童を守るべき保護者会の空洞化、形骸化に一つの要因がありそうだ。

〈リンク〉
小学生女児殺害犯人逮捕へのベトナムメディアの報道と読者の反応

千葉女児殺害 母国ベトナムのメディアが報じた衝撃の事実
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊豆出張、放置自動車顛末記
2017-03-11 Sat 14:18
伊豆へ行った。
仕事をさっさと片づけ、物見遊山とはいかなかった。
放置自動車の処理が待ち受けていた。

伊豆にアパートを持っている。平成元年に建てたのだからもうかれこれ27年になる。
建物の南側、軽なら三台止められるスペースがある。
軽自動車が一台、一年以上にわたって居座っている。

捨てられたゴミのように放置しているのだから、どかせばいいと思うだろうが、この塊をどかすのは骨が折れる仕事だ。
車両より重い、「所有権」というのがくっついている。
無責任な塊だからといって、手を出したら犯罪になる。
そこで、手順を踏んで処理しないといけない。

まずは持ち主を探さないといけない。
どうやって?

いや、その前に、事件性を確認しないといけない。
盗難車かも知れないから、警察に届けを出して調べてもらう。
事件性がなければ、ナンバーから所有者を割り出す調査に取りかかる。

で、見つけたとして、素直にどけてもらえなかったらどうするか。
勝手に手を出せない。
「所有権」があるから、裁判所に判決をいただかないといけない。
裁判所の判決をもらうために、日付入り写真で長期間車が放置されている証拠を記録する。
所有権つきゴミ処分のためにうっとしい手間ひまをかける。
仮に判決がもらえても、自動車の所有者がしかとすればそれなりの判決をもらっていても、強制執行はそれはそれで別途「判決」がいる。

見つからなければ、裁判所に判決をいただいた上、自費で処理するしかない。

踏んだり蹴ったり、つまり放置自動車の撤去は一筋縄では解決しない難問である。

で、どうなったか。
手順を踏むしかない。
苛々はするが、まだ一日目だ、理性的に対応できる。
警察による現場検証の依頼からはじめた。

その日の午後、事件性がないことが分かった。

警察が動いてくれたことがきっかけで、地元のネットワークから思わぬ解決の糸口をつかんだ。
出張2日目の午後、来週中に撤去すると連絡を受けた。

それを確認しないと解決とはいえないが、2日間の出張で、撤去の目処がついたのは幸運という以外に言いようがなかった。

ああ、これで終わってほしい。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT