「日本沈没」は絵空事?致命的で脆弱な原発の存在
2017-09-24 Sun 11:06
3.11を振り返ってみることです。
それは自然災害ではじまりました。
ついで人的災害へと転化していったのです。

福島原発事故です。

近藤駿介原子力委員長が原発事故後の2011年3月25日に作成したメモは、最悪の事態を次のように記しています。

「福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描」

「強制移転をもとめるべき地域が170km以遠にも生じる可能性」
「年間線量が自然放射線レベルを大幅に超えることをもって移転を希望する場合認めるべき地域が250km以遠にも発生することになる可能性」
いいかえれば、首都圏から人がいなくなる事態を意味しています。

トランプの国連演説は苛烈をきわめたものでした。
「北朝鮮を完全に破壊する以外選択肢はない」

これに応じた北朝鮮のリ・ヨンホ外相の国連総会演説もまた容赦のないものです。
「アメリカとその追従勢力がわが国に対する軍事的攻撃の兆しを見せるときには、容赦ない先制行動で予防措置をとることになる」

一国を追いつめ、破壊する力がアメリカには存在します。
しかし、同盟国である韓国、日本はどうなるか。
固定された明確な軍事目標となる原発への飽和攻撃によって、首都圏にとどまらない、北の言う「日本沈没」が現実のものになりえます。

3.11から六年半、日本人はケロッとして原発事故を忘れさろうとしています。
あれとこれは別に考える。
ご都合主義で、楽観的で希望的観測で現実を直視しようとはしません。

日本の国土には、地域の電力企業(北海道電力 東北電力  東京電力 北陸電力  中部電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力)毎に原発42基が散在しています。
これらの原発はフクシマの危機を引き起こした「使用済燃料プール」に、広島原爆の数十万倍にのぼる「死の灰(核分裂生成物)」を蓄えていると推測されています。

そうです。
イヤでも致命的で脆弱な原発の存在を再び思い起こさなければなりません。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
対話拒否の狂気、アメリカ本土は安全でも日本は壊滅危機
2017-09-23 Sat 15:47
北朝鮮が暴発、あるいはアメリカが開戦しても、米国本土は微動だにしない。
日本本土はそうはいかない。
高性能爆薬を装備したノドン級の弾道ミサイルが6から11分程度で原発に着弾する。

核弾頭もサリンもいらない、原子炉建屋にノドン一発で日本は壊滅的被害

車輌から発射が可能な数百基がすでに実践配備されているといわれる。
核弾道ミサイルなど必要ない。
開発途上の大陸間弾道弾とちがい、命中精度の高いノドンこそ脅威である。

現に外貨獲得を目的にノドンをイラン、パキスタン、リビアなどに輸出、販売しているといわれる。

日本国の安全保障は大陸間弾道弾実験のただいまが危機のピークではない。
十数年前からノドンで十分に日本を壊滅に追い込める「危機」が継続しているだけのことだ。
数百基といわれるノドンがいっせいに発射されて、防御できるか。

今なさなければならないのは、「対話」だ。

安倍の国連演説はお粗末だった。

「対話による問題解決の試みは、一切が無に帰した。何の成算があってわれわれは、三たび、同じ過ちを繰り返そうというのだろう」
「必要なのは対話ではない。圧力だ」
日本人は勇ましい指導者をいただき、誇りを感じたか。
愚かだと感じたか。

寡聞にして、安倍政権が北朝鮮といかなる「対話」をもったのか知らない。
アメリカ本土は安全でも、日本は壊滅する。
トランプの尻尾にすがるのは日本を本当の危機に追い込む愚かな「蛮勇」だ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
まん延する北朝鮮小児病のなか総選挙突入へ
2017-09-18 Mon 08:07
 予測どおり、安倍政権は総選挙に突入します。
北朝鮮6回目の核実験で急浮上する総選挙

 アラートが上空にうなり、あたかも「戦時」を思わせる光景はまことに滑稽です。
「戦争になりかねない」「危ない国だ、やってしまえ」「日本列島沈没だと、胸くそ悪い」
 そんな雰囲気でしょうか。

 9月15日午前7時すぎ、火星十二号は北海道上空八百キロを飛んでいきました。
 6回目の核実験に次いでこれですから、「これで勝利疑いなし」と安倍政権は値踏みしたのだと思われます。
 
 北朝鮮領土内で500キロを超える宇宙空間に突入しますから、射程500キロが限度といわれるイージス艦が装備するSM3では撃ち落とせません。
 最高高度500kmですから。
 領土内で撃ち落とすしか手がありませんが、それでは即戦争です。

 かりに弾道が落ちてきても、その速度はマッハ20。
 最後の砦PAC3の守備範囲は最大射程20kmで、しかも最大速度マッハ5+といわれています。
 運がよければ撃ち落とすことができるかもしれません。

 今行われているのは、北と西の国際的プロパガンダ・ショーです。
 これが繰り返されることで、不穏な「国民感情」が醸成され、蓄積されていきます。

 安倍政権はいよいよ総選挙に打って出ます。 
 さてさて選挙をやる手間と暇があるのですから、実に余裕です。
 核兵器+弾道ミサイルであおるにあおられた「北朝鮮の危機」の底が見えた瞬間です。

 プロパガンダの格好のえじき、とりこになった日本国民がどんな判断を下すか。

 こういう事態をなんと命名すれば良いのでしょうか。
 北朝鮮小児病とでも名付けておきましょう。
 辞書は次のように定義しています。

 ・考えや行動が幼稚で極端に走る傾向。
 ・考えの足りない、おとなげない性向。 
 ・言動が幼くて,感情に流されたり,極端に走ったりしやすい性向。

 1941年(昭和16年)8月、石油の全面禁輸措置(ABCD包囲網)によって、追い込まれた日本は真珠湾攻撃を仕掛けます。
 暴発です。
 その結果は知っての通りです。

 こうした状況を反転させて、眺めてみる余裕はないのでしょうか。
 日本の過去を北朝鮮に置き換え、冷静に。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
北朝鮮にとっては核ICBM保有がもっとも合理的な選択であること
2017-09-10 Sun 11:30
北朝鮮は最貧国とまではいえないまでも、たいへん貧しい国です。
国連統計の直近データ(2015年)によれば、名目GDP16,119百万US$で116位/213ヵ国、1人当たり名目GDPは642US$198位/213ヵ国とされています。
世界銀行によれば、人口は 2537万人 (2016年) です。

日本の名目GDPの3.2%にすぎません。

にもかかわらず軍事力が突出した国です。
実態ははっきり分かっていませんが、おおよそ「陸軍の地上兵力約100万人、海軍と空軍の兵力20万人、その他に予備役470万人、労農赤衛隊350万人、保安部隊19万人」とされています。
アメリカによって赤子の手をひねるように崩壊した国々、アフガニスタン、イラク、リビアとはいっしょにはできません。

こうした貧しい国の、しかも独裁国家の指導者が、国体である金正恩王朝を守るために、もっとも合理的な選択はなにか。
独裁者の視点から考えてみる必要もあると思います。

それは核抑止力です。

すべての資源を核ICBM開発に集中するという選択です。
北朝鮮が核ICBMを保有しなければ、国体は守れない。
そういう決断が金王朝の頑強な思想の根底にあるのだと思います。

プーチン大統領が語っていることに真摯に耳を傾ける必要がありそうです。
「彼ら(北朝鮮)は自分たちが安全だと感じられなければ草を囓っても核プログラムを放棄しないだろう」

日本がアメリカの「核の傘」に頼っているの対し、北朝鮮は中国の「核の傘」に金王朝の存亡を託すことはできないと独自の路線を選択したと言えます。

核ICBMを保有し、核抑止力を手にすれば金王朝は存続する、でなければ滅ぼされる。
そういう覚悟です。

北朝鮮の指導者が核ICBMを保有すれば、「陸軍の地上兵力約100万人、海軍と空軍の兵力20万人・・」等々の軍事費を削減し、民政にそれらを振り向けることができるようになるでしょう。
もっともこれは西の世界観ですから、北朝鮮がそれを合理的な選択と考えるかどうかは分かりませんが、すくなくとも金王朝が存続するための条件は有利になることでしょう。
その意味では、核ICBM開発に国力を集中し、核ICBMを保有することは、彼らにとってはもっとも合理的な選択であることを「理解」しないと、日本の政権は選択を誤ってしまう危険をはらんでいると考えざるを得ません。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
北朝鮮6回目の核実験で急浮上する総選挙
2017-09-04 Mon 18:12
 非通知の電話があった。
 世論調査、意識調査とかという録音テープが流れた。
 先月か先々月にも同じような電話が何度かあった。
 僕のところへ掛かってくるのだから、かなり広範囲に実施されているのだろう。

 非通知だ、どこかの政党が実施していると推測できる。

 その時総選挙が近いという直感が働いた。
 さして根拠があるわけではないが、そんな直観があった。

 北が何かをやるたびに安倍政権の支持率が上がる。
 北朝鮮の声明「大陸間弾道ミサイル(ICBM )搭載用の水爆実験に完全に成功した」を額面どおり受けとることはできないが、深刻な事態であることは国民共通の受け止め方だろう。
 上げ止まりの政権が総選挙のお墨付き(自民党過半数確保と改憲勢力の維持)をいただいて、延命をはかる最後のチャンスかもしれない。

「対話と圧力」の結果は明らかだった。
 核とミサイルの開発を辞める気のない北朝鮮はこの間にしっかり核戦略を整備し、そして脅威が顕在化しただけのことだ。
 オバマも、安倍も何もできなかった。

 共和党系(トランプ支持側)のFOXニュースが七月に行った世論調査で、「核開発を止めるためには武力行使が必要」との回答が55%に達っしたと報じられている。
 現段階では、アメリカ本土に直接の脅威も被害もない。
 北朝鮮はアフガニスタン、イラク、シリア、ISと比較にならない軍事力を有している。
 米国が北朝鮮に先制攻撃するれば、韓国と日本が直接の被害に直面する。

 公式、非公式の「見積」が立てられているが、どれだけの被害になるのか、実は誰にも分かっていないのが真相だ。
「北朝鮮を核保有国として認める」という選択肢も現実路線として議論になってくるのだろう。
 今の段階では直感にすぎないが、総選挙が断行されたら、正面切って北の問題を論じていかなければならない。

・【解説】核実験場の「トンネル崩落」に手がかりか 北朝鮮核実験

・北朝鮮、6回目の核実験強行は何をもたらすか

・北朝鮮が6回目の核実験「ICBM用、完全に成功」
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT