FC2ブログ
 
ナチスの優性思想と通底する杉田水脈衆院議員のヤジ
2020-01-28 Tue 10:08
「腰痛からくるこの不自由は予行演習のようなものだ。」
 そんな余裕はいつしかなくなっていました。
 将来を暗示する不安もありましたし、何より自分の体が思うように動かせない。

 この不自由さは自分が備えていたはずの能力の低下、劣化です。
 あるいは「生産性の低下」とも表現できるでしょう。

 自分の生きていることそのものを「生産性」で表現し、くくってしまうのはいささか抵抗がありました。
 ですが、これからは急速に身体能力が低下していく予感、実感のなかで、老人と社会、社会的弱者としての老人問題と捉えるようになっていました。
 敏感になっていたかも知れませんが、この「闘病生活」一ヶ月に触れたニュースは見過ごすことはできません。

「それなら結婚しなくていい」
 国民民主党玉木代表の選択的夫婦別姓に関する質問に対して、ヤジが飛びました
 国権の最高機関における、野党による衆院代表質問の瞬間でした。

 ヤジの主は、自民党の杉田水脈衆院議員だと目されています。
 彼女の本音が飛び出したのです。
 一昨年、月刊誌に性的マイノリティーの人たちについての論文を投稿しています。

 問題視されたのは、以下の文言でした。

「彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのか」

 アドルフ・ヒトラーが率いたナチスは、知的障害者、同性愛者などの人たちを「生産性がない」人間だからと、約20万人を安楽死に追い込みました。
 一瞬ナチスの思想が現代日本に蘇ったのだと感じたのです。
 そう実感したのは、彼女の発言からだけではありません。

「津久井やまゆり園」で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた加害者の発言は聞くたびに、心が凍りつき、体が震えてきます。
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
化石の海の彼方にー化石賞受賞記念ー
2019-12-13 Fri 08:22
 日本国政府は二度続けて化石賞[Fossil Award]を受賞した。
 old fossil で「時代遅れの人」だが、fossil でいい。

 かって宮崎駿『風の谷のナウシカ』が描いた腐海は、人類の行く末を暗示しながらも、アンビバレンツな未来を視差していた。

 腐海が浄化装置として地球を再生する。
 しかし、その先の世界に人類が存在するかどうか分からない。

 地球生命体が人類の退場を命じる。
 人類そのものが化石になる。
 それは誰にも分からない。

 未来を知る人類は一人としていない。

 日本国政府に何が欠けているか。
 近未来については、貪欲で緻密である。
 しかし、その政策は未来に対する想像力を微塵も感じさせない。

 官僚的「知性」を超える政治家の出現によって乗り越えられるか。
 令和腐海によって精算されるか。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
安倍政権の終わりが始まった
2019-12-05 Thu 09:56
 安倍政権は終わりました(ね)。
 気が早いようですが、感触のようなものでしょうか。
「桜を見る会」が咲く季節には、求心力を失った、あわれな姿が浮かんできます。

 国民はすぐに忘れます。

 忘れて支障がないと思うからです。

 それでも誰が見たって、招待者区分番号「60」は総理枠です。
 それが見え見えになってから、あきれるほどつまらない茶番劇を見せつけられています。
 くだらないやり取りを見せつけられ、飽き飽きしています。

 何よりあきれています。

 野党がつまらない問題を取り上げ、またまた揚げ足取りをしている。
 発端はその程度の問題でした。
 なのにとにかく逃げ回っている。

「後ろめたいから。」
 国民はそう思います。
 官房長官会見、内務省役人答弁ではぐらかされ、ますますそう思います。

 やばい本筋はジャパンライフでしようか。
 隠したいのでしょう。
 だからかえって本筋があぶり出されてくるのだと思います。

 こうした「つまらない」寸劇のようなことが繰り返され、信頼が緩み、揺らいできます。
 毅然と対処する。
 だから政権を支持するのですから。

 終わりが始まっているのです。

 ただただ逃げ回る最高権力者を、日本国のリーダーとして仰ごうと誰が思うでしょう。

 あわれな姿ですが、本人は気づいていません。

 裸の王様です。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
異論のない不気味な国の自民党
2019-12-03 Tue 05:08
 気持ち悪かった。
 中国全国人民代表大会の映像を見たときだ。
 北朝鮮最高人民大会の光景だ。
 
 何がって? 

 たぶん全会一致が気持ち悪いのである。

 異論がない???

 整然と「党員票」?をあげる。
 たぶん賛成の表明なんだろう。
 反対の意思表示はどうするか、挙手では目立たないし、どうしたものだろうか。

 たぶん叫ぶしかない・・・・などと思ってしまう。

 全く同じ不気味さを日本の国会に感じる。
 自民党議員席である。
 公明党議員席である。

 野党席の熱は伝わってくる。
 それに反比例するように、冷たく凍りついた席だ。
 沈黙席だ。

 国会では意見表明する機会がないのだろう。

 ならどこでもいいから発言を聞きたいと思う。
 
 ツイッターもある、フェイスブックもある、インスタグラムがある、ブログがある、テレビがある、ラジオがある、自前の後援会がある・・・。

 しかし発言はどこにもない。

 誰一人として「桜を見る会」に意見を述べない。
「悪い」とも言わない。
「いい」とも言わない。

 機会は与えられている。
 自由、民主の社会だ。
 自由民主党が政権を担う国だ。

 あ、あ、あー~ー気持ちが悪くなってきた。

 怖くなってきた。
 沈黙する国民は、黙って安倍支持のアンサーだ。
 おれのように自分の意見を意思を持って表明する国民を、得意の無視で黙殺するのだろうか。

 不気味な国になってきた。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
異常も異常、誰一人発言しない自民党・公明党議員の面々
2019-12-02 Mon 10:44
 トランプ大統領の当選を予言した木村太郎が「こんな話を国会議員がね、議会でやることじゃないですよ。」と吠えまくっていた。
 
「桜を見る会」問題を木村太郎流に考えてみる。

「議会でやることじゃない」なら、どこでやるか。

 太郎の言う通りだ。
 議会で野党にごちゃごャヤラれる前に、党内で声をあげれば済んだ。
 反社や老人世帯の老後資産を狙う詐欺集団の親玉を招待しているんだ、尋常じゃない。

 自民党が反社や詐欺集団を「国に功績、功労のあった者」として招待すると言うなら、沈黙もまた金だ。

 いやいや、そうなの?

 そもそも自民党内からそうした声が上がらない。
 与党を組んでいる公明党も沈黙している。

 将来の総理と目されている、小泉進次郎はなんで発言しない。
 大臣だから、口を封じられた?
 大した政治家じゃないね。

 進次郎に限らず、議員たちは安倍政権になって口が硬くなった。
 つまり政治家として自分の見解を持たない。
 それを表明しない。

 こいつらを政治家と呼べるだろうか。
 沈黙は政治家の死でしょうが。

 誰一人「桜を見る会」について発言しない。
 こうした異常が続いている。
 こうした政治状況そのものが危機なんだと思う。

 衆議院定数465人中、自民党所属議員285人(61.3%)
 参議院定数248人中、自民党・国民の声所属議員114人、(45.9%)
(いずれも7月30日現在)
 
 これらに加え与党参加する、公明党がそれぞれ29、28名いる。

 みんな政治家失格である。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT