FC2ブログ
 
タワマン電源喪失、原発事故と酷似
2019-10-16 Wed 09:48
 台風19号の被害の一つとして、武蔵小杉(神奈川県川崎市中原区)にあるタワーマンションの電源喪失事故が発生している。
 地下3階に設置されていた電源装置が水没したためだ。

 なぜマンションの電気設備、給水ポンプは地下にあるのか。
 その答えは、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震を思い起こせば、おのずと解かれていくだろう。

 この日、福島第一原子力発電所が全電源喪失(ステーション・ブラックアウト)に陥った。
 津波が発電所を襲い、地下に設置されていた非常用ディーゼル発電機が海水に浸かって機能喪失、順次多数の設備が損傷し、または流出し全電源喪失にいたる。 
 1・2・4号機全電源喪失、3・5号機全交流電源喪失、これによって非常用炉心冷却装置 (ECCS) や冷却水循環系のポンプを動かせなくなった。
 
 同時刻頃、東北電力・女川原発(宮城県)も津波に襲われる。
 しかし、事故は発生していない。
 発電所が海面から高さ14.8メートルの場所に設置されていたからだ。
 
 福島第一原子力発電所は高台にあった敷地をわざわざ海抜10メートルまで掘り下げて建設していた。
 原発は水辺の近くに建設される。
 多量に使用する冷却水の確保のためだ。
 
 ランニングコストは低地であればあるほど安上がりになる。

 マンションにおいては地上階は売り物で、地下は売り物にはならない。
 
 安全はコスト、利益に劣るのである。
 企業論理・倫理が改まらない限り、同類の事故はこれからも起こるだろう。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
洪水を受け入れ恵みを受け取る知恵ー土屋信行氏の提言
2019-10-15 Tue 10:13
「いつの頃からだろうか、私たちが洪水と付き合う術を忘れてしまったのは。
 実は日本の洪水は私たちの生活を豊かにし、経済を支えてきたともいえるのだ。
 私たちは基本的に農耕民族であり米に生活の糧を求めた。
 米は洪水域でしか栽培できない作物である。
 洪水は多くの有機物を含んだ土砂を上流から下流へと運び、豊かな実りを約束するものであった。
 先人たちは洪水という脅威をどのように避け、恵みを受け取っていたのだろうか。
 その営みこそが文化であり洪水流域で暮らす私たちの自然に対する礼儀でもあった。」

「関東地方では氾濫原に最初にできた集落では自然堤防の上に家を造ることができたが、
 人口が増えてくると後背低地にも家を建てなければならなくなってきた。
 それが水屋造りである。
 河川の氾濫があっても沈まない高さに盛り土をし、ここに家を建てるのだ。
 大きな氾濫があったときには1カ月程度水が引かないこともあった。
 そのための薪炭や食料となる米や味噌醤油なども保存する蔵を造り、ここに籠城したのだ。
 また十分な高さで盛り土ができない場合、建物の1階部分を高床構造にしたり、
 水が上がってきた場合、床や畳を1段高く上げられるように柱に桁材を通す穴を開けておき、
 氾濫時には仮設の中二階を造る準備をしていた家もあった。
 当然雨戸は取り外し、洪水の抵抗を最大限減らすことも行った。
 要は洪水とは戦ったり抵抗したりするものではなく、その存在を受け入れ柔軟に受け流し、恵みを最大限に受け取るものであったのだ。」
出典=洪水と付き合う術を忘れた日本人〜関東・東北豪雨による鬼怒川決壊〜
 
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
住民にも見えにくい相模原市の全体像
2019-10-14 Mon 13:04
 12日、台風19号の接近のただ中、相模原市緑区の城山ダムの緊急放流のニュースが流れた。 
 2018年の西日本豪雨では、愛媛県のダムで緊急放流が行われ、下流で河川氾濫が起きている。 
 ダム下流にある相模川沿いには、相模原、厚木、海老名、平塚、 茅ケ崎、座間の各市と寒川、愛川の両町がある。
 
 しかし上流域の雨量がおさまったのか、緊急放流は免れて、次第にニュースの焦点は他の7都県の被害状況に移っていった。
 
 もちろんこれも相模市由来の出来事に違いないのであるが、相模原南部の住人には今ひとつピンと来ないのである。

 その理由にはいくつか説明がいる。
 
 後述する山間部との合併前の相模原市は大きく二つの地域に分かれていた。
 小田急沿線沿いの南区(南部)と、JR横浜線沿いの中央区(北部)である。
 南区は東京のベットタウンとして発展した町、中央区は東京都と隣接し高度に市街化され、山岳はないがやや坂道が多い。
 
 これに合併によって、2006年3月20日に津久井町・相模湖町と、翌2007年3月11日には城山町・藤野町が加わった。 
 これに伴い、2010年4月1日に政令指定都市になり、緑区・中央区・南区の3区制が敷かれた。

 これ以降だ、従前の相模原市民が知らない相模原のイメージが露出するようになったのは。
 
 緑区の中で区全体の面積の9割以上を占める津久井地域は、ほぼ全域を南の丹沢山地や北の秩父山地に連なる山地が占め、両山地の境界をなす相模川と、道志川をはじめとするその支流沿いに河岸段丘が散在するのみの平地の少ない地域である。 
  
 相模原で暮らして五十七年になるが、合併後、都会だと思っている住民に思わぬニュースが飛び込んでくるようになった。
 
 熊が出没するようになった。
「えっ。熊だって」というのが率直な感想。

 17年間にわたって逃亡を続けてきたオウム真理教特別手配犯が逮捕されたのも相模原市緑区城山という田舎にある古家であった。

 2016年7月26日未明、緑区千木良にある知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に元施設職員の男A(犯行当時26歳)が侵入し、入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせる戦後最悪の大量殺人事件となった。
  
 合併以来「悪名」ばかりがとどろいたものだと嘆いていたが、はやぶさ2の運用・ 制御を送信している宇宙航空研究開発機構(JAXA)がある。

 2020年末、地球に帰還する予定だから、それまでの辛抱、辛抱。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
消費税が10%になって良かったこと
2019-10-11 Fri 08:22
計算がしやすくなった。

0.08を掛けて計算するのは面倒だった。

例えば1390円の8%計算は煩雑で、たぶんお店のレジ任せであっただろう。
1390円の10%なら、十分の一だから、桁を一桁ずらすだけだ。
毎回毎回いくら納めたか、正確な数字が把握できる。

今はキャッシュレスポイント還元が盛んでゴチャゴチャしているが、それも来年6月までで終了する。
計算がしやすいので、いくら納税したか自覚的になる。
とりわけ大きい買い物をする時は、明確な数字によって重税感がずっしりとのしかかってくることだろう。

桁ずらしだけで計算されてしまう10%消費税の特徴。
納税額を毎回、毎日正確に自覚することになるだろう。
国民の納税意識を鋭敏で正確にする10%消費税の効用は計り知れない。
関連記事
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
予測、予報、予感そして悪夢
2019-10-10 Thu 08:49
台風19号進路図
出典=台風19号進路図(気象庁発表)

 台風19号の進路が気かがりだ。
 
 テレビで報道される天気予測図を眺める時間が多くなった。
 
 赤で描かれた予報円は台風の進路を示す。
 オレンジの円は暴風警戒域を示す 
 二重円によって、進路と影響域が表示されている。
 
 気象庁は、昨年導入した日立の新スーパーコンピュータシステムの活用で、気象の予測精度を向上させたそうだ。
  
 予測に基づいての、予報ということができそうだ。
 
 予報円が定まってくるに従い、上陸地点と予報される近辺県のことが気にかかる。
 神奈川県、近隣の静岡、東京、千葉などだ。
 筆者が在住する神奈川県、近隣の静岡、東京、千葉などだ。
 
 自分が住む相模原台地は風の心配が大きい。
 東京は、公共交通機関の寸断や隅田川と荒川に挟まれた江東デルタ地域を襲う巨大高潮が危惧される。
 
 ブルーシート屋根の千葉が再び暴風雨に見舞われたらどうなるか。
 
 予感の先は悪夢の世界だ。
 炉心溶融を起こしている福島第一原子力発電所が台風の直撃によって安全に保たれるのか。

高潮による東京わよん描く被害
出典= 「国難」をもたらす巨大災害対策についての技術検討報告書〈2018 年 6 月〉
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
吊るし収納、二世帯住宅再生顛末記6
2019-10-09 Wed 10:24
吊るし収納

 壁を利用するのに、吊るし方式は手っ取り早い。
 難点は多少見苦しくなることだろうか。
 それも我慢ができるなら仕方がない。
 
 上部、下部の壁面をできるだけ残すとそうした罪悪感も減るようだ。
 
 見えない収納がベストなんだが、片付けの根本原理は元あったところに戻すだから、吊るすのが一番効率的だ。
 
 バック類や帽子はとりわけ適している。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
関電幹部傲岸不遜、上級国民の正体が見えた
2019-10-07 Mon 11:06
 上級国民という概念や言葉が先行して、実態は見えていなかった。
 
 誰も正体を見たことのない、幽霊のような「存在」であったが、にわかに露出し始めた。
 
 発端は福島第一原子力発電所「事件」だ。
 
 東電幹部は、数十万の人間に被害を与えていながら無罪放免となった。
 
 ついで、めぼしいところで森友学園事件があった。
 財務省近畿財務局の職員が自殺に追い込まれたが、公文書改ざんの主導者で当時の本省理財局長佐川宣寿は懲戒処分相当(停職3か月相当)を受ける前に退職、退職金・年金・叙勲には何一つ響かない。
 上級公務員は誰一人起訴されなかった。
 
 一切が民間人である籠池夫婦に押し付けられた。
 
 関電幹部はこう言い放った。
「三億円の金品は預かっただけだから返します」
「五十万の背広仕立て代は儀礼の範囲です」

 つまり、
「泥棒も盗品を返却すれば窃盗罪にはならない」
「五十万のスーツはスイーツと一緒だ」

 これで誰も罪にはならない???
 
 上級国民の論理はエクセレントだ。
 五十万の背広を見たこともない庶民は、彼らの呆れるほどの世間知らずに愕然とした。
 彼らは自分の発言が真っ当であると確信し、世間とかけ離れていることに気づいていないのである。
 
「職責をまっとうして問題を正す」そうだ。

 今後はますます上級国民、中級国民、下級国民で法適用が不平等である実態の隠蔽につとめるしかないだろう。 

 上級国民は起訴しない。
 検察審査会へ申立て裁判になっても無罪放免にする。
 国民が少々おかしいと感じても、そもそも上級国民の仲間である検察官、裁判官は起訴も渋るし、無罪判決しか出さない。

 しかし、実態があからさまになるにしたがい、堅固な上級国民共同体と国民との対立が先鋭化していく。
 
 中国と変わらない、いやな国になったものだ。

 いや、それが図らずも露呈してしまったのである。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
十四億共産党一党独裁国家が0.5%を圧殺する
2019-10-05 Sat 10:20
 覆面禁止条例によって、香港市民の自由を求めるデモンストレーションは鎮圧に向かうだろう。
 十四億の共産党一党独裁国家が七百万人、0.5%の一国二制度を圧殺するのである。
 
 天安門事件に懲りている中国共産党指導者は、直接的な暴力装置である武装警察、軍隊をさらすことはないだろう。
 本国では約二億台、七人に一台の監視カメラが張りめぐされている。
 進化したスマートカメラは、AI顔認証システムによって特定の人物を追尾し、追い詰める。
 
 各個撃破する。
 デモから、意志を持った活動家が間引かれていく。
 
 デモ参加者は、用心深く現金払いで交通機関を利用した。
 電子払いでは跡がつくからだ。
 AI顔認証システムは、こうした抵抗を排除し、国民を一網打尽に監視し、コントロールするのである。
関連記事
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
老後生活の必需品、手帳が二冊
2019-10-04 Fri 09:39
 手帳は二冊である。
 
 老人が二冊手帳を持ってどうするの???
 自分でもそう思う。
 なにせ仕事がない、付き合いも良い方ではない、社会貢献する行動力もない。
 
 そもそもスケジューリングする必要がなさそうに見える。
 他人がそう思う以上にそう自覚していた。
 
 一冊は人生管理手帳だ。
 もっぱら予定を作る、予定を入れることを意識した手帳だ。
 予定を作って、入れてしまうのである。

 おおよその生活は、Timetableを作ってみるとはっきりする。
 全てが自分の時間だ。
 誰にも制約されない。
 
 会社から、地域から、家族から・・・なんの期待もされていない。
 
 このemptyを救うのは自分自身しかない、そう自覚しないといけなかった。

 九割方リタイヤーしたのが49歳の頃だったから、「老後」生活は20年を超えた。
 放っておけば腐ってしまうのが老後生活である。 

 毎年人生管理手帳を作り込むのは楽しい作業だ。

 行動指針リストを貼り付ける。
 ・考 動 訓
 ・始動訓[日日の型]
 ・プロフェッショナルの条件
 ・戦略的意思決定
 
 次いで、2020年版の目標リストを貼りける。
  ⇄2020年目標[転源表]
  ⇄四半期五大リスト
 さらにパソコン日記で検討し、手帳で週間と日日のスケジューリングをする。
  ⇄週間デザイン
  ⇄To-Doリスト
  
 さてさて、ここからが本番だ。 
 生きたスケジューリングをしないと、生きている甲斐がなくなる。

 ある一定期間で何をすべきか。
  ① 何をやらなければならないか?
  ② それはいつやるべきか?
  ③ 誰がやるべきか?
  ④ どこでやるべきか?
  ⑤ それの優先度は?
  ⑥ 時間はどれだけ必要か?
  
 さて人生管理手帳とは別にデータ管理手帳を作成するようになった。
 時代相〈短歴史〉を意識化するため、メディアで感心した図表を縮尺し、時系列で手帳に貼り込む。
 作業だけでも楽しいものである。

タイムテーブル

手帳の写像

関連記事
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
120トンの重圧
2019-10-03 Thu 14:22
 東北新幹線の座席、前席の背もたれの網かごに週刊誌が残っていた。
 
『女性自身 10月15日号』の記事によると、「上皇ご夫妻のお引っ越しが完了しなければ、天皇ご一家が皇居にお引っ越しになれない」のだが、
その原因が「120トンを超える」上皇ご夫妻の“私物”だと伝えている。
 
 120トンというのが想像がつかないが、イメージ化してみた。
 体重60キロの人で換算すると、2000人に達する。
 もっとも人は歩けるが、モノは勝手に動いてくれない。
 
 居座っている。
 
 しかし、“私物”というの言い掛かりだ。
 各国、各都道府県、各市町村、何々団体から贈り物だ。
 これを一つ一つ断って、受け取らないわけにはいかない。

 拒めないのだから、溜まりにたまって120トンである。
 
 何ひとつ上皇夫妻の判断で処分などできないのである。
 なんと不自由な生活であろう。
 120トンは精神的にどれだけ重荷なのか、大変なお仕事である。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT