FC2ブログ
 
日本にインフレが起こらない理由
2019-05-24 Fri 14:15
商店街→スーパー(大型店舗)→コンビニ(シャッター通り)→ネット宅配

買い物をした中心の場所がどこであったか、ざっと書き出してみた。
ここ、四、五十年の変化である。
どれも今でも利用しているのだが、軸がどう動いてきたか、自分なりにたどってみた。

商店街は徒歩圏内にあった。
スーパーや大型店舗が郊外へも進出するにしたがい、車が必要になった。
コンビニは、衰退した商店街機能の一部を担った。

そして、この頃はネット宅配の割合がぐんと増え、自ら動く必要がなくなった。
これまで消費者が費やしていた「ムダ」な労力が省かれ、ネットという「命令」一つで物が手に入るようになった。
そして、何が起こったかに興味がわいた。

“El-Erian: These three companies are driving inflation down”

モハメド・エラリアンによると、「米国にインフレが起こらない理由は、Amazon、Google、Uberの組み合わせによるものだ。Amazonは中抜きでのコスト削減を意味し、ほとんどの人から価格決定力を奪っている。Googleは誰でも検索を可能にし、検索コストはとても安く、これも価格決定力を奪う。・・・Uberは既存の市場に乗り込んできて、価格を押し下げる。」(翻訳 テック企業がフィリップス曲線を破壊した:モハメド・エラリアン

日本は長い間のデフレを抜け、物価がフラットなディスインフレにいたっている。
米国とは明確に異なったブロセスをたどった。
「日本にインフレが起こらなかった理由」の大半は、前世紀末の金融危機に打たれた政策の結果で説明できそうだ。

アメリカとは違っていた。
でも、と思う。
消費者としての自分の行動を見つめ直した時、「米国にインフレが起こらない理由」を無視して、今のディスインフレ世界の正確な認識はできないだろう、と。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
歩数計の真実とマジック
2019-05-22 Wed 07:14
2939、1185,1997、3033、2534、3454、2815・・・。

なんの数字か?

外出しなかった日の、歩数計の値です。

引きこもると、いつか三桁の数字を記録し、そして寝たきり老人です。

なんでもいい、何かと理由をつけて外出することです。
理由があれば出かけなければならないからです。
理由が見つからない時は理由健忘症になって外出します。

で、写真は上から出窓、小田急線線路脇、芹が谷公園のものです。

出窓の花

小田急線線路脇の花

芹川公園の何か
関連記事
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
風邪から腰痛を併発、日常生活の危機を実感する
2019-05-15 Wed 08:30
 三月に風邪を長引かせ、二週間ほど起きたり寝たりを繰り返した。

 風邪が抜けた頃に、腰痛を併発していた。
 これにはまいった。
 24時間、腰から発せられる「痛み通信」で、物を考えることそのことが妨げられる。
 
 痛みがむしばむのは肉体だけではない。
 気力も削がれるのである。
 
 椅子に座るのがつらいから、まとまった仕事、読書ができない。
 これが一番こたえた。
 七十一にして初めて生活していくという基本事態の不安、危機を感じた。

 痛みが日常生活で気にならないほどに回復するのに二ヶ月かかっただろう。
 
 それでも本調子とは言えない。

 重いものを持つのをためらう。
 とっさに走る動作をすると腰がブレーキをかける。
 ストレッチを欠かさないが、屈伸ができない。
 
 腰が硬直しているのがわかる。
 
 たかが風邪、そんな油断があった。
 風邪から腰痛という流れの中で、体が不自由になる「先」体験を実感したのだと思う。
 こうやって体が不自由になっていく、気持ちが衰えていくのだと。

 完調ではないが、腰痛を忘れている「時間」が生じるようになった。
 読みたい本が次から次へと出てくるのは、元気になった、健康を回復しつつある兆しだろう。

 これを機に次のスケッチを始めた。
 
 1.健康を加えつづけるー毎日健康法ーを自分なりに整理する。
 2.老年期トレーニング法を再考する。
 3.毎日一運動する。
 4.自分の生活全般をチェックするセンサーとして健康客観及び実践データを計測し、記録する
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
麻雀仲間ができた
2019-05-09 Thu 07:27
二十年ぶりの仲間麻雀だ。
仲間麻雀とは、友人が少なくとも4人集まらなければ成立しない麻雀だ。

麻雀ゲームなら、パソコンやスマホに向かい一人で楽しむことができる。
相手はAIであったり、インターネットの向こう側にいる見知らぬ対戦相手だろう。
ゲーマーではないので、人の匂いがしないゲームの面白みはわからない。

フリーで雀荘に出向く。
「麻雀放浪記」を気取る気はないが、多少勇気がいる。
一人で雀荘を訪れ、来店した複数の客が4人集まったら、ゲームがスタートする。

見知らぬ者同士が偶然に寄り合い、ゲームが開始するのである。

同じ麻雀である。
で、ありながら、これらは全く別個のゲームである。

どれも面白いが、仲間麻雀が自分の性分に一番あっている。

気心が知れている、訳では決してない。
慎重に付き合いが始まる。
一度きりで終わる時もある。

麻雀を通して、気心がわかってくる。
それ以上でもそれ以下でもない。
微妙な均衡の上に成立している。

仲間麻雀が定着するのは、実は稀なことだ。
二十年前の仲間麻雀は一人が破産したことで破綻した。

今の仲間は元警察官、元大手家電メーカー管理職、大家の老寡婦、鳶の奥さん。

どこか共通点を探そと試みても無駄なことだ。

雀荘を出れば行きつけの居酒屋へ直行する。
飲み食いして、駄法螺(だぼら)を吹いて、また集まれば幸い也。
関連記事
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
思い出は整理ができない何か
2019-05-07 Tue 09:08
 アルバムの整理に手がついていない。
 両親のアルバムである。 
 物置に放ったらかしにしてある。
 
 父が亡くなって二十年、母は三年前だ。
 
 重ねて、三十数冊になるアルバムがある。
 これは自分と家族の記録だ。
 こっちもそろそろ整理しないといけない。
 
 自分が捨てられず逡巡するうちに、二重になってしまった。
 このまま放置していたら、子供たちは僕同様の迷惑をこうむるに違いない。
 
 写真を撮らなくなった?
 いつも手元には携帯しているスマホがあるから、今まで以上に撮っている。
 だが、意味合いが違ってきているのだ。

 その時々、その場所を記憶しようとは思っていない。
 記録で十分である。
 数十分か、数時間、数日で消えてしまう記憶。
 
 曖昧になって忘れてしまえるほどの軽い記憶に価値があろうはずはない。
 
 で、もっぱらスマホで写すのはメモ写真である。
 メモの代わりに写真を撮る。
 記憶のための写真は撮らない、もっぱら記録であると自覚しているつもり・・・。
 
 記録と記憶。
 
 記憶のなかに埋もれている何か。
 記録は整理しやすいが、思い出はいつまでたっても整理がつかない何かだ。
関連記事
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
面子(めんこ)の記憶
2019-05-06 Mon 08:55
 何かのきっかけで手放したもの、失ったものがある。
 が、それがなんであったか記憶の中にはない。
 
 親戚のお兄ちゃんが段ボールにぎっしり詰まった面子(めんこ)をくれた。
 小学校五、六年の頃だから、ざっと六十年も前のことだ。
 法事か何かの時にその話を持ち出したが、覚えていないという。
 
 面子は強くてたくさん持っていたのは覚えている。
 戦利品を段ボールに詰めておいた記憶もある。
 だけど始末までは覚えていない・・・そうだ。
 
 二つ三つ年上だから、当時は中学生だろう。
 色々葛藤があって精算をつけた。
 僕はそのおこぼれにありついたわけだ。
 
 そして、僕の方ももらって嬉しいという感情は薄かったように思う。
 ブームというか、流行りすたりの中で興味を失っていたのだと思う。
 だから、ぎっしり詰まったメンコをどうしたかそれこそ全く記憶していない。
 
 それが己の成長なのか、流行りすたりと称する変化に過ぎないのか。
 その両方かもしれないが、わずかに記憶の断片だけが残されている。

 取り残されてあるのは記憶か、自分か、わからない。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
京都安売り、日本バーゲンセール
2019-05-05 Sun 07:40
 京都の旅はうんざりした。
 どこの国かわからない。
 聞きなれない言語がごった返していた。
 
 昨年の十一月はそれなりに覚悟していたからさほどには感じなかったが、今年はホテルを四条通りにとったため、観光客の奔流にいきなり投げ込まれた。
 
 ここは異国だ。
 
 万国観光客のなかでも中国人が目立つ。
 多勢だから、幅を利かせて?見える。
 流行りだろうか、和服を付けている。
 
「付けて」っておかしな表現だろうが、着けてとは見えない。
 
 2018年の訪日外国人数は3119万人、日本観光に押し寄せている。
 
「日本が見直されている」
「日本の良さが世界の人に広がって来た」

 そうかも知れない。
 そうかも知れないが、自画自賛はなぜかおもはゆい。
 利点だけを並べ立ると、バカっぽく見えてくる。
 
 つまりは「お国自慢」、県民ショーの類である。
 
 自画像は写実に徹することにして、実態を見よう。 
 
 日本銀行の黒田総裁が「かつてない異次元のレベル」といって、13年4月に始めた超金融緩和から6年になる。
 その間、訪日外国人数は年々増加した。
 ついには実質実効為替レートで20%超えの円安水準に達したのだから、日本旅行がしやすくなったのもうなずける。
 
 実際僕らにしても円高の頃は海外旅行がもてはやされた。
 国内では一万円はきっちり一万円の価値、海外にでるとお得な実感がともなった。
 買い漁ったブランド品は、今ではリサイクルショップを潤している。
 
 これが逆転した。 
 異次元緩和で円安を維持して日本の魅力?を引き出したのは、黒田日銀の成果だろう。
 しかしこれは一種の安売り、バーゲンセール。
 
 六年間に及ぶバーゲンセールで、日本は衰弱が激しくなっている。
関連記事
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
連休夢想
2019-05-04 Sat 09:12
 高速道路の渋滞を見せられるたびに出かけるのはイヤだ、うんざりだと思う。
 で、家に閉じこもることが多くなった。
 暇である、バカバカしい夢想がもたげてくる。

 連休初日スカスカの上りを走ったら気持ちいいだろう。
 連休が終わる頃ならスカスカの下りをゆうゆう帰宅する。
 私は田舎で働いて都会の故郷へ戻っていくサラリーマンだ。
 
 リーマンでなくてもいい、そんな時勢に逆行するライフスタイルを楽しんでいる男。
 
 給料は安いだろうが田舎だ、それなりに生活はできている。
 
 土日は働いている。
 もちろん連休はかき入れ時だ、猛烈に働く。
 
 で、平日の火曜水曜を泊まりがけで都心にやっていくる。
 月曜は博物館美術館の休館が多いから避ける。
 水曜も民間施設の休館が多いから同様だ。
 
 で、火曜水曜。
  
 どこから這い出てくるのか、あの車列のうっとうしさが消えている。
 田舎のあぜ道のように、都会の路地裏はのんびりしている、眠っている。
 田舎と変わりはない。
 
 商店街は不気味なぐらい、人影がない。
 死んだようだ。
 田舎にはまだ新緑が広がっているが、ここは錆びたシャッター。
 
 小一時間も歩いていると、切なくなってくる。
 
 すれ違った元気な一団があった。
 田舎から都心見物にやってきたおばさんたちだ。

「お兄さん、安くて美味しい中華屋知らないかい」
 マス目の印刷してある手帳のメモ欄に地図を書いて渡した。 
「お兄さんありがとうね」

 どうみたっておじいさんだ。
 やさしい。
 お兄さんて言われてうれしかった。

 気分が良くなって、夢想を閉じた。
関連記事
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
中国の存在感を誤るな
2019-05-03 Fri 07:53
 中国をどう捉えたらいいか。
 例えば、私が尊敬する投資家レイ・ダリオは『PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則』[日本経済新聞出版社 (2019/3/21)]の中で、自分の中国体験を次のように語っています。(P.66〜)

 1989年(平成元年)の中国です。
 日本はバブル、日経平均が4万円を越えようかという勢いのある時代で、今から振り返ればそれが日本のピークだったかもしれません。
 
「当時中国には金融市場がなかった。やがて、(CITIC[中国中信集団、世界の他の国とビジネスを認められていた中国唯一の会社]を含む)9社の小さなグループを作り、証券交易所研究設計聨合弁公室として知られる組織を作り、市場創設を始めた。始めたのは、1989年、天安門広場の事件直前だった。・・・(中略)・・・彼らはゼロから、中国市場と政府の証券監督管理組織を作り上げた。」

 わずか30年前の中国には、自国の証券取引所はおろか、マーケットそのものが存在しなかった。
 今さらながら中国の存在をどう捉えなければいけないか、非難と中傷でうもれたニュースの中では見つけることのできない発見がありました。

 そういう眼で中国を見るようになると、今日の日経一面記事「5G特許出願 中国が攻勢」が伝えているのは、いずれ米国をしのぐであろう中国の「実像」であるように思います。
 リードだけ掲載しておきます。

「次世代通信規格「5G」に関する特許出願数で中国が34%と、現行の4Gの1.5倍以上のシェアを握ることがわかった。4Gでは欧米が製品の製造に欠かせない標準必須特許(SEP)を握ったが、次世代産業のインフラとして注目される5Gでは中国が存在感を増す。特許数は自動運転など各国の新産業の育成や次世代の国力をも左右する。」
関連記事
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
上皇さまの「私」
2019-05-01 Wed 12:09
 お正月が二度きたような騒ぎです。
 テレビに映される世相はお祭り気分に浮かれて見えます。
 うわついた姿が日本の全てではないのですが、出かける用のない私はそれが全体だと錯覚しそうになります。
 
 時として視野が極端にせばまる、狭窄(きょうさく)症状を起こすのはこの国のクセのようなものです。
 けれど、天皇退位の、したがって新天皇誕生の出発点を思い返す必要がありそうです。

「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないか」注(1)
 そう真摯な問いかけをした平成天皇に、国民もひたむきな天皇のお気持ちを受け止め、心から納得したのが全ての始まりだったはずです。
 
 お祭り騒ぎも、お祭り気分も不快です。
 
 ただ、上皇さまとなられても「公」は残るのでしょうが、老いた庶民と同じように「私」を取り戻していくことを切に願います。
「公」から解放され、「私」を楽しまれるのを心から願うばかりです。
 

注(1)「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」平成28年8月8日

関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT