FC2ブログ
 
コロナはビジネスモデル変革のチャンスだ
2020-07-02 Thu 17:02
「混乱はチャンスだ」
 ペテン師はたいていそううそぶくものだ。
 しかし強者は本気でそう考えている。

 チャンスに強いやつは、混乱の中で新しい戦略をいち早く打ち出す。

 ホテルや旅館、宿泊サービス業はコロナショックで需要が91%引っ込んだ。
 勝者が敗者にひっくり返るオセロゲームが始まっている。

 熱海は伊東園ホテルズでよみがえったと言われるほどであった。
 観光客の消えた熱海を復活させた。

 つぶれかかったホテル、旅館を買い取る。
 固定資産税さえ払えず、二束三文だったと言うが真相はわからない。
 宿泊客の消えた大型施設は解体費が数億でも賄えない。

 不良物件を動かせない土地は二束三文だ。
 それをごっそり手に入れ、そのまま再利用した。
 1円の建設費も出すことがいらない。

 違ったのはビジネス・モデルだ。
 バイキングスタイルで食べ放題、飲み放題で大浴場や諸施設はそのまま利用した。
 廉価なセット宿泊費が売りだった。

 だって建設費はただなのである。
 宿泊サービス業界を席巻した感があった。

 が、コロナで一瞬に明暗が反転した。

 バイキング、大浴場はコロナの巣になりかねない。
 クラスター恐怖で客は震え上がった。
 コロナで彼らのビジネスモデルは敗退したのである。

 同時に、新しい宿泊サービスのビジネス・モデルが出てきているようだ。

 県を跨いだ旅も解禁になるだろうから、「混乱はチャンス」の視点から、旅と宿泊を再考するのも面白いだろう。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
すべての依存症に感謝しよう
2020-07-01 Wed 09:56
 疲れ切って帰宅した夜、孤独であった一日の葛藤を振り切って、害のない一服をつける。

 朝、デーサービス施設の裏手で、数人がタバコをすすっていた。
 ゆったり煙を楽しんでいる風情はない。
 休憩時間の寸暇、吸い込んで吐き出し、せわしなく煙を吸引していた。

 たかがタバコだ。
 それがやめられない。
 抜け出すのは難しい。

 病気だからだ。
 薬物依存症だ。
 たかがタバコに振り回される。

 肩身が狭くはなったが、アル中と違い、煙で暴力的にはならない。
 
 学生時代は金がなくてヘビースモーカーではなかった。
 勤めるようになってから歯止めも無くなった。
 29歳まで吸いつづけた。

 長男が生まれてタバコをやめた。
 15年間。
 44で再びタバコに復帰した。
 
 49でまたタバコをやめた。
 これも約15年で禁煙が途切れた。
 64から3ヶ月、半年と間欠的にやめたり吸ったりをくり返した。

 昨年3月に再びタバコをやめた。
 吸える場所が日々狭まっていた。
 吸いたいとなれば、実にいじましい行為が強いられた。

 人の目から隠れて吸うしかなくなった。

 依存症は人から自由を奪い取る。
 朝の一服、仕事の締めの一服、くちゃくちゃになった頭の中にニコチンを打ち込む一服。
 しかしながらいずれニコチンにせかされ、一服が価値を失う。

 依存症は人が自分の弱さや、抜きがたい依存体質や、主体性と言う名の嘘を見抜くために必要な体験の一つだ。
関連記事
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
君の仕事は7割経済に耐えられるか?
2020-06-29 Mon 15:26
 自分が青年であったことを掘り起こし、思い出して何が解明されるだろう。

 少なくとも重要なメルクマールが青春とその終わりを画する。

 宇宙に果てがあるか分からないまま、果てとやらを決して見ることがないことをはっきり思い知る。
 我々の寿命はあまりにも短い。
 そう考えるようになって初めて一人前の大人に変わっていた。

 神の存在を真っ向から拒絶はしない。
 可能性までは否定できないからだ。
 知ることができないことは山とあったし、これからも知り得ないことに悩むことなく、受け入れるだろう。

 僕は小さなスクラップブックを作っている。
 手帳だ。
 これに縮尺した図表を貼り付けている。

 重要だと感じるデータにはいつでも目を通したいからだ。 くりかえし見ることで問題が徐々に迫って来て、把握できる。

 例えばコロナでスーパーは大幅に売上を伸ばしている。
 モノ消費に対して、サービス消費である旅行、娯楽、外食はがっつり削られた。
 工場の設備稼働率は70%をはるかに切っている。

 当然雇用の危機が迫り、休業・廃業が押し寄せている。

 コロナ以前の7割がコロナ以降のニュー・ノーマルだそうだ。
 少なくとも3割は過剰になる。
 そしてこれは宇宙や神の問題より、リアルで深刻だ。

 君を直接脅かす。
 宇宙や神は我々老人に任せ、若者は自分が7割に耐えられるジョブをこなさなければならない。
関連記事
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
韓国ドラマ『梨泰院クラス』と土下座文化
2020-06-27 Sat 14:44
 スーツを着た老年の男が壇上にいた。
 彼は唐突にしゃがみ込むと、手を頭上から大仰におろし、深々と頭を床板につけた。
 さすがに都会ではそうした光景を見ることはなかったが、地方の選挙報道ニュースでは時に夫婦で土下座するのも見られた。

 数十年前でも、都会の有権者に土下座が通用することはなかったし、候補者も実行することはなかった。
 しかし、地方では土下座候補が確実に当選したのである。

 この場合土下座をどう捉えればいいのだろう?
 自分に投票して欲しいのだから、確かにお願い以外の行為とは思えない。
 それが通用した時代と日本文化について考えさせられる。

 と言うのも韓国ドラマ『梨泰院クラス』を観たからだ。

 土下座が一つの重要なモチーフとなっている。
 主人公のパク・セロイは有力者(財閥)に対する土下座を拒んだことで刑務所行きにつながる。
 悪役となる財閥の当主チャン・デヒが主人公に土下座して謝るまでのストーリーである。

 何か問題が起こった時、ごめんなさいは何も問題を起こさないし、むしろ親和的に社会生活を進める。
 I'm sorryは、自分の責任を認める発言だから、英語圏の文化を知り抜いていないと大きな過ちを起こしそうだ。
 そして韓国の土下座は「こめんなさ」でも「 I'm sorry 」でもない。
 
 つまり、韓国では土下座でなければ本当に謝ったことにはならない、そう言う文化の違いを感じた。

 ドラマそのものの興味よりも、韓国社会の文化の一端を学ぶことができたように思う。
関連記事
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
科学的でしかも精神的な家トレ入門
2020-06-25 Thu 18:10
 夕立が好きだ。
 雲が空気に溶け太陽が水滴に浸透すると、いっせいに輝く。
 その瞬間が好きだ。

 水滴は蒸発し、浸透し、そして消えてしまう。

『Tarzan』No.790が「科学的家トレ入門」を特集している。
 家トレでおこなう自重トレーニングは「5関節が司る」そうだ。

・足首は柔らかいか ?
・股関節を使えているか ?
・背骨は正しく曲がるか ?
・肩を上げているか ?
・手首にキレはあるか ?

 筋肉は早々増えない。
 まして72だ。
 筋肉の維持も一つの目標となるだろう。

 健康維持のためは最もらしいが、そんなところだ。

 絞れば腹筋も出てくる。
 しかしそんなことは目標にならない。
 気持ちが悪い。

 エクササイズをやり遂げた汗はわずかな量に過ぎないし、すぐに乾いてしまう。
 頑張らないとクランチ一つ続かないし、スクワットには旺盛な気力がいる。
 それなのに大量な汗が放出するエネルギーは残されていない。

 老人の汗は一瞬に乾いてしまう夕立のようなものだ。

 それがキラッと輝くのは、気持ちの中だけだ。
関連記事
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
コロナで失った需要の回復は1年後でも66%
2020-06-24 Wed 19:36
 直滑降で10mを超えることはなかった。
「君のはいつまでも不恰好だね」
 きつい洒落でスキーに取り組む意欲をなくした。

 一般スキーヤーが時速45kmで滑降する姿は素晴らしい。
 アルペンスキー選手の最高時速130kmを超える滑走には感動する。
 しかしこの快感を繰り返し味わうには、恐怖の克服もあるが、頂上へ繰り返し戻らないといけない。

 簡単なことだ。
 彼はゲレンデを滑りきったら、スキーを担いでリフトに乗るだけのことだ。

 が、リフトは動いていない。
 我々は新型コロナ感染症によって、故障したまま動かなくなったリフトを見上げている。
 快楽は失われた。

 資本主義の原動力が奪われた。

 元のスピートを100%取り戻すには、一年では足りなそうだ。

 ESPフォーキャスト調査によれば、2020年 4-6 月が大底だそうだ。
 来年の4月には、大底から66%の水準まで戻すと予測している。
 そうリフトは運行してても、元どおりの快楽をやすやすとは手に戻らない。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
死は人の価値に関係なく訪れる
2020-06-23 Tue 15:11
「感染の確率が一番高い場所を避けなさい、それが三密ですよ」

 メッセージは見事に国民をねじ伏せた。

 確率を図解した三密は浸透したが、間違った解釈も同時に野放しになった。
 三密の場所にいるはずの感染者がいる確率である。
 これはメッセージには含まれていない。

 おそらく10万人分の一人程度だろう。
 三密の場所で、15分か二十分でいい、十万人と過ごせば感染はかなり確度が高くなる。
 三密が場所の確率だとすれば、感染者がその場にいる確率とかけ算をしなければ正確な確率計算とは言えない。

 しかしそれでも我々はビビった。

 なぜだろう。

『Billions』のシーズン3だったと思う。
 不正を働いた医師が検事に言う言葉だ。
「ガン専門医だった。だいぶ前に人の生き死について悟った。死は人の価値に関係なく訪れる。」
関連記事
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
テレワークでカバーできる仕事の従事者ほどむしろ生き残れない?
2020-06-22 Mon 16:08
 2008年9月、リーマンショックは派遣(非正規雇用労働者)切りが目立っていたが、製造・建設・卸売小売り業の正規社員も経済が立ち直るまので削減率はむしろ前者よりも深刻だった。
 コロナは宿泊飲食サービス・卸売小売り・生活関連及び娯楽業の非正規雇用労働者が失職したが、今のところ正規雇用は維持されている。
 
 で、今後とも正規雇用者は安泰だろうか。
 企業はコロナ緊急一時避難から、生き残りをかけた戦闘態勢へ突入する。
 自分の企業が生き残れるかどうかもわからない。

 正規雇用の称号がいつまで通用するかだ。

 真っ先にサービス業が壊れた。
 休業しか手がなかった。
 経済を回すために制約が「一部解禁」されても、三密で単位面積当たりの客数は増やせない。

 売上高=客単価×客数だから、対策をすればするほど売上は減少し、採算ベースには乗らない。
 しかも固定費比率の高い、ホテル・旅館・飲食店などサービス業は客が来ない(敬遠)ことを含め三重苦だ。

 それ以外の企業も手を打ってくるだろう。
 在宅勤務、テレワーク、リモート経済、地方移転移住・・・らしい。
 しかし、それがどこまでモノホンか、通用するか。

 自分の仕事のテレワーク・カバー比率がいくらになるか。
 いや、そもそもテレワーク非カバー率が高い事が明瞭なら、むしろその仕事は生き残るかもしれない。
 テレワークは手段で目的でないのだから、テレワークで済ませられるほどの仕事が生き残れるものか。

 実は今現在それさえはっきりしていないが、いずれ企業は結論を出して断行してくるだろう。

 疑問は尽きないが、秋冬に予測されている第二波までには目鼻が見えてくるかもしれない。

 閉じこもっていた日本はいよいよ本格的なグロバール化(単一で、絶対的な基準)へ向かうのである。
関連記事
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
寝た切りと自律との境界にいて 18
2020-06-19 Fri 11:10
 生活の拠点を二階から一階に降ろした。
 エレベータやエスカレータに乗らないだけでは補えないファクターxがありそうだ。
 腰痛は不完全だが癒えているようにみえる。

 体幹トレーニングを取り入れた。
 プランク、ハンドニーだ。
 歩くのに支障なくなったが、瞬間動作には対応できない。

 例えばとっさに走るともろに腰を痛めそうだ。

 元どおりとはいかない。
 危うく風邪から腰痛を引き起こした。
 寝たきりへの恐怖が気力(モチベーション)を引き出した。
 
 どうにか腰痛悪化から寝たきりの悪循環を食い止めた。
 しかし、この先五年十年の展望はどうだ。
 体感トレーニングだけでは心もとないと感じている。

 失ったファクターxを取り戻すために、振り出しにする考えはない。

 むしろ失った階段「運動」を復活させ、取り入れることにした。
 スローピングである。
 幸い階段室はフリースペースだから、これを活用して、前向き・後ろ向きの昇降運動をスタートさせた。

 その後の効果はいずれブログに書き込む。
関連記事
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ウイルスは制御できない、免疫がもたらす自然と人との均衡まで
2020-06-17 Wed 10:55
 都市は限りなく自然と離反する生活です。
 自然と絶縁すればするほど、不都合で効率の悪い生活空間から合理的で利便性に満たされた生活が手に入ります。

 他方都市の発生と一体であったのは疫病でした。

 ギルガメッシュ叙事詩は古代メソポタミアに発生した疫病を記述していますし、
 ペロポネソス戦争でスパルタ軍に包囲されたアテネで天然痘、チフスが発生した等々と、
 枚挙にいとまがありません。

 都市にあっても、身体だけは変わらず自然の一部であること。
 都市に浸かっていると、しばし人はそれを忘れてしまうのです、
 人の身体は自然の一部である不変を。

 デジタル化は「アトムからビットへ」で総括することができます。
 ブログに「通学、通勤はウォーキングの王道であった」と書いたら、アナクロニズムだと言われました。
 コンピュータ、ネットは脳化社会のシンボルです。

 しかしビットを組み合わせる脳は身体のごくごく一部でしかない、と私は受け止めています。
 脳が生み出す論理で整序された都市が、自然も制御する、できると考えるのは傲岸です。
 
 新型コロナ感染症に関する抗体検査が各所から公表されています。
 いずれも1%以下というものです。

 ここに二つの解釈が成り立ちます。

 山中伸弥さんの大きな疑問符「ファクターx」が西太平洋諸国の感染拡大を抑制しているか、
 あるいは第二波のあらがい難い原因になるか。

 社会的免疫という事実があります。
 人口の60%程度が抗体を持つようになるまで感染は止めようがないというものです。
 ウイルスは制御できるものではなく、免疫という実態がもたらす自然と人との均衡がファクトだと考えています。

 敗北主義と言われそうですが、
 あがらうことを否定しているのではありません。
 人は地球という自然が偶然生み出した一生物(種)でしかありません。
 
 どうようにウイルスも一緒に生み出されたものだというのが私の基本的な考え方です。

 そうしたベースで考えていかないと、第二波は悲惨なものとなりそうです。
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 | NEXT